◆官能小説のレビューや売上ランキングなど。
 官能小説:4,803点  著者:769人  レビュー:2,538
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


官能小説のタグ一覧(抜粋)

綾杉凛の官能小説

検索結果:3件 検索条件:「綾杉凛
ソート: 発売日順 | 評価順

[綾杉凛] 妻の妹・三十九歳
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
妻の妹・三十九歳
著者:綾杉凛
発売日:2003年03月01日
タグ: 
内容紹介:
「お義兄さん、抱いて。私、この日を待っていたの」豊麗な裸身を惜しげもなく晒して抱きつき愛撫を迫る義妹。妻にはない艶気と愛らしくも熟れた肉の感触が、矢島を男に!20年前に会った時から密かに感じていた邪な欲情が玲子のほうからの哀願となって実現するとは…こうして妻の妹との、絶対秘密の蜜会がはじまった。
レビュー:

[綾杉凛] 息子の女教師
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
息子の女教師
著者:綾杉凛
発売日:2003年01月01日
タグ:教師 
内容紹介:
「お願いがあるんです。わたしを苛めてください」淑女からの懇願、しかも彼女は息子の担任教師。三島弥生、35歳には見えない美しく成熟した女性だった。期待と不安のなか裸になった女教師に、男は我れを忘れた。麗しき女体に溺れゆく藤堂に語られる弥生の恋情…しかし息子も女教師に憧憬と淫情を抱いたことから悲劇が。
レビュー:

[綾杉凛] 隣りの妻―真夜中の恋文
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
隣りの妻―真夜中の恋文
著者:綾杉凛
発売日:2002年11月01日
タグ:イタズラ 人妻 
内容紹介:
これは僥倖か、それとも神の悪戯なのだろうか。インターネットで知り合い、待ち合わせ場所に現われた女は、山室が密かに憧れる、隣家の美しき主婦・松下佳子。50歳にして初めて味わう心のときめき、本能の高まり。至福はホテルで佳子を抱きしめた時、最高潮に…隣人妻と重ねられる真夜中のメールと密会が男の人生を変えた。
レビュー:





Copyright © 2008-2010 官能小説データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.12秒)