◆官能小説のレビューや売上ランキングなど。
 官能小説:4,803点  著者:769人  レビュー:2,538
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


官能小説のタグ一覧(抜粋)

泉大八の官能小説

検索結果:4件 検索条件:「泉大八
ソート: 発売日順 | 評価順

[川上宗薫 泉大八 梶山季之 富島健夫 伏見丘太郎 宇能鴻一郎 田村泰次郎] 水蜜桃―ポルノの巨匠傑作選
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
水蜜桃―ポルノの巨匠傑作選
著者:川上宗薫 泉大八 梶山季之 富島健夫 伏見丘太郎 宇能鴻一郎 田村泰次郎
発売日:1999年12月01日
タグ:
内容紹介:
“ふいに、苦しさがあった。次の瞬間、あたし、自分がいっぱいになっているのがわかった。ほんとうに余裕のない、身動きもできない感じだった。「あっ」とあたしは叫んだ。”(宇能鴻一郎「寝巻パーティ」より)―泣き虫の女、したたかな女、甘える女、すがりつく女…。男に夢と元気をくれたのは、いつも好色な女たちだった。ポルノ小説の黄金時代を飾った愛と性の傑作選。
レビュー:

NO IMAGE
3pt (評価数:1件)
評価:★★★★☆
浮気なエイリアン
著者:豊田行二
発売日:1993年08月01日
タグ:ギャグ 妊娠 セクシー  教師  
内容紹介:
赤星久太郎はゴールド・レッドスターからやって来た宇宙人である。彼は超特急の早漏で、女に関しては落ちこぼれ男であったが、地球の日本に留学すれば女に自信がつくといわれて、日本人になりすますことにした。女性を経験しまくって、落ちこぼれ返上だ。
レビュー:
余談ですが、新書版の表紙を描いている脇庄次氏は桃園文庫で宇能鴻一郎「巡回診療魔」と泉大八「セクシートラベル」の表紙を描いており、この3作(但し、本作の桃園文庫版は別のイラストレーターが表紙を担当)にはいずれも「小さくなって胎内侵入」と言うシチュエーションが含まれていたりします。

[泉大八] のぞかせ上手
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
のぞかせ上手
著者:泉大八
発売日:1986年08月01日
タグ:痴漢 
内容紹介:
イイのぞきをするためには、野良犬みたいな嗅覚や野性的な力が必要なんだ。それに根気だね。そのかいあって、ムチムチの白い太モモが奥の奥まで見えちゃって、ウフ、目がつぶれそう!―のぞきマニアの第一人者をめざして努力を惜しまない竹田君とタツ彦のヤングコンビがコーチする実戦痴漢術。
レビュー:

NO IMAGE
5pt (評価数:2件)
評価:★★★★★
セクシートラベル
著者:泉大八
発売日:1986年01月01日
タグ:SF 妊娠 
内容紹介:
レビュー:
平凡なサラリーマン・ノリ彦がイズミシキブサンと名乗る宇宙人の手で1000分の1サイズに縮小され、イズミシキブサンの案内で隣人の強引さに根負けして肉体関係を持ってしまった余韻に浸る妻・ヤス子の膣から子宮に入ったり、アヌスから消化器官を逆走したりしながら人体と性の神秘に触れる探検を繰り広げる「SF風冒険小説」。
小さくなって人体を探検するSF的アプローチ手法は官能小説においては珍しく、また後半部分では望まぬ妊娠や性の低年齢化に対する著者の思想が垣間見える部分も興味深いです。





Copyright © 2008-2010 官能小説データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.13秒)