◆官能小説のレビューや売上ランキングなど。
 官能小説:4,803点  著者:769人  レビュー:2,538
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


官能小説のタグ一覧(抜粋)

木谷恭介の官能小説

検索結果:20件 検索条件:「木谷恭介
ソート: 発売日順 | 評価順

[木谷恭介] 京都華道家元殺人事件
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
京都華道家元殺人事件
著者:木谷恭介
発売日:2003年02月01日
タグ:
内容紹介:
日本最大の華道流派家元の実弟が殺害された。100億円横領の噂が流れたため取材に詰め掛けた報道陣の目の前で殺されたのだが、なおも不可解なことに死体が消失したのだ。犯人はすぐ逮捕されたが、横領疑惑と遺体の行方は?権謀渦巻く華道界の闇に挑む宮之原警部。
レビュー:

[木谷恭介] 知床岬殺人事件
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
知床岬殺人事件
著者:木谷恭介
発売日:2002年09月01日
タグ:
内容紹介:
知床・羅臼の無人の番小屋で全裸美女の絞殺体が発見された。たまたま休暇旅行で居合わせた愛媛県警捜査一課の大鷹は事件の容疑者にされたが、すぐに嫌疑は晴れた。だが、単純に思われた殺人事件はとてつもない波紋を広げてゆく。―警察庁の名物刑事・宮之原警部が怨念にくるまれた黒い過去をあばく。
レビュー:

[木谷恭介] 室戸岬殺人事件
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
室戸岬殺人事件
著者:木谷恭介
発売日:2002年06月01日
タグ:脅迫 モデル 
内容紹介:
広告会社、メーカー、デパートによる共同プロジェクトのイメージモデル・城野純の生みの親と名のる女が、純を降ろせと脅迫してきた。女の指示で室戸岬に向ったプロジェクトのスタッフ藁科は、約束の場所に行ったところ、見すましたように殺人事件に巻き込まれてしまった。―宮之原警部が連続殺人の謎をあばく。長編旅情ミステリー。
レビュー:

[木谷恭介] 十津川峡谷殺人事件
5pt (評価数:1件)
評価:★★★★★
十津川峡谷殺人事件
著者:木谷恭介
発売日:2001年09月01日
タグ:タレント 
内容紹介:
高知へ向うカーフェリーで女性タレントが殺された。奇妙なことに、彼女が乗ってきた車が船内に見あたらない。蒸発した車の行方と殺人の手掛りを求める捜査陣をしりめに、第2の殺人が起る。
レビュー:
If inrmooatifn were soccer, this would be a goooooal!

[木谷恭介] 赤い霧の殺人行
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
赤い霧の殺人行
著者:木谷恭介
発売日:2000年06月01日
タグ:
内容紹介:
恋人の珠樹が書置きを残して失踪すると、婚約者・手塚の周辺で奇妙な事件がたて続けに起った。手塚は彼女の失踪の理由がわからないまま必死の思いで行方を追う。だが、手掛かりが掴めないばかりか、殺人者の罠にはめられた。彼女はどこに、なぜ逃げるのか。思いもよらぬ殺人の謎。長編旅情ミステリー。
レビュー:

[木谷恭介] 京都嵐山殺人事件
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
京都嵐山殺人事件
著者:木谷恭介
発売日:1999年12月01日
タグ:酩酊 
内容紹介:
血の海に横たわる僧侶、死体の背中に殺人予告。映画俳優・鈴鹿進一郎は札束に埋もれて死んだ僧侶殺しの容疑をかけられた。前夜、被害者と行動を共にしたので疑われたのだが、彼は泥酔してまったく記憶になかった。身の潔白を証明するために、鈴鹿は自ら犯人を追う羽目になった。長編旅情ミステリー。
レビュー:

[木谷恭介] 特急「ひだ3号」30秒の死角
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
特急「ひだ3号」30秒の死角
著者:木谷恭介
発売日:1999年09月01日
タグ:弁護士 
内容紹介:
突然やってきた弁護士は、山岳カメラマン・真継に彼の父の死を告げ、高額の小切手の受け取りを強いた。訃報に驚きながらも弁護士の言動に不審を抱いた真継はただちに実家に向ったが、帰郷する列車の中で旧友が惨殺される事件に巻き込まれた。
レビュー:

[木谷恭介] 飛騨いにしえ殺人事件
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
飛騨いにしえ殺人事件
著者:木谷恭介
発売日:1999年04月01日
タグ:
内容紹介:
飛騨の山奥に住みついて一刀彫りで生計をたてる女性工芸家の夫が殺害された。目撃者もなく、外出からもどった妻が第一発見者だったため、彼女に殺人の嫌疑がかかった。警察庁の名物刑事があざやかに難事件を解決する長編旅情ミステリー宮之原シリーズ。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
加賀いにしえ殺人事件
著者:木谷恭介
発売日:1998年12月01日
タグ:
内容紹介:
銀行支店長の父親が230億円を横領!?―家宅捜索令状を持った検察官の言葉に多屋千尋は耳を疑った。程なく、石川県の警察から千尋に遺体確認の要請がきた。失踪した父がダム湖で自殺したというのだが、信じられない彼女は父の汚名を晴らそうと宮之原警部とともに行動を開始する。
レビュー:

[木谷恭介] 尾道殺人事件
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
尾道殺人事件
著者:木谷恭介
発売日:1998年07月01日
タグ:
内容紹介:
カタログ雑誌の編集長・椎名紗智は取材で尾道の水産会社を訪れた。ところが、撮影場所へ彼女を案内した社長が不意に姿をくらましてしまい、途方に暮れていたところ、翌日、因島の除虫菊畑で死体となって発見された。捜査にあたった所轄署に共犯者と疑われた紗智は、宮之原警部に援けを求めた。
レビュー:

[木谷恭介] 萩・西長門殺人事件
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
萩・西長門殺人事件
著者:木谷恭介
発売日:1998年01月01日
タグ:
内容紹介:
萩の海岸で若い女性の遺体が発見された。旅行中の椎名紗智はテレビニュースが伝える被害者と彼女が乗っていた赤い車を目撃していたが、あえて通報しなかった。帰京した紗智を警察庁の名物刑事・宮之原警部が訪れ、捜査協力を申し入れた。
レビュー:

[木谷恭介] 京都渡月橋殺人事件
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
京都渡月橋殺人事件
著者:木谷恭介
発売日:1997年09月01日
タグ:
内容紹介:
美貌の童話作家がパーティ会場から行方不明となり、翌朝、渡月橋のほとりで遺体となった発見された。彼女は生前、自分の作品が同人誌仲間に盗用されたようだと洩らしていた。ただちに盗作者は逮捕されたが容疑を否認、捜査は壁に突きあたった。名物刑事・宮之原警部が事件解明に乗りだす。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
京都いにしえ殺人歌
著者:木谷恭介
発売日:1997年04月01日
タグ:OL 
内容紹介:
「ミヤコドリ」という言葉を遺し刺殺された精道酒造の竹園貴弘。現場を目撃したOLの野坂夏代らは、警察庁遊撃捜査係の宮之原警部とともに犯人を追う。精道酒造関係者の洗い出し、及び貴弘の身辺調査から浮かんだ結社誌「腐葉土」に、言葉の意味が込められているとみて捜査を拡大する。莫大な財産を持つ精道酒造の複雑な人間関係に加え、「腐葉土」を回収している人物を掴んだ宮之原たちだが、また新たな殺人が…。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
草津高原殺人事件
著者:木谷恭介
発売日:1995年12月01日
タグ:
内容紹介:
上州湯ノ湖を見おろす高台の農家が全焼し、焼け跡から若い男女の焼死体が発見された。家の持ち主は不在だった。草津温泉署の船津刑事は身に付けるものはすべて外国ブランドというリッチマン刑事である。天才的な勘とあり余るポケットマネー、それに懐刀ともいうべき父娘にたすけられて難事件を解決する痛快旅情ミステリー。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
函館殺人事件
著者:木谷恭介
発売日:1995年02月01日
タグ:
内容紹介:
奥多摩有料道路でひき逃げ事件が起きた。被害者は北海道出身の水商売の女性。しかも彼女には2億円の保険がかけられていたのである。警視庁捜査一課の桜小路警部補はお公家さん出身の名物刑事。知恵袋の加奈江さんを伴って一路、北海道へ。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
摩周湖殺人事件
著者:木谷恭介
発売日:1993年09月01日
タグ:探偵 
内容紹介:
摩周湖に飛びこんだ女性は、頭のてっぺんから足の先まで、すべてブランドものできめていた。身元不明。手掛りといえば、ポケットから出てきた一枚の領収書だけ。女探偵が警視庁の名物刑事とコンビで、事件解決に日本各地をめぐるトラベル・ミステリー。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
おしゃれ探偵
著者:木谷恭介
発売日:1990年06月01日
タグ:探偵 
内容紹介:
来宮加奈江は水商売が仕事だが、玄人はだしのシャープな推理力の持ち主。それに美人で明るい性格だから、警視庁捜査一課の桜小路警部は、捜査にゆきずまると、加奈江探偵の応援を、ついあてにしてしまうのである。奥吉野、長野、金沢、東北などを舞台に、警部と知恵袋の加奈江探偵が、事件を追って全国を駆けめぐる旅情ミステリー。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
孤独な指
著者:木谷恭介
発売日:1987年01月01日
タグ:
内容紹介:
貞淑な妻でいたい、いなければ…。交通事故を起こした夫を助けたい一心で夜の勤めに出たわたし。期限は3年。でも、夫以外の男に触れる時、いいようのない戦慄がわたしの女体を走っていく。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
梵字河原殺人事件
著者:木谷恭介
発売日:1986年02月01日
タグ:
内容紹介:
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
淫らな舞踏会
著者:木谷恭介
発売日:1985年10月01日
タグ:
内容紹介:
レビュー:





Copyright © 2008-2010 官能小説データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.02秒)