◆官能小説のレビューや売上ランキングなど。
 官能小説:4,803点  著者:769人  レビュー:2,538
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


官能小説のタグ一覧(抜粋)

影村英生の官能小説

検索結果:4件 検索条件:「影村英生
ソート: 発売日順 | 評価順

[影村英生] 令嬢・奈緒子
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
令嬢・奈緒子
著者:影村英生
発売日:2001年04月01日
タグ:弁護士 お嬢様 処女 
内容紹介:
水沢奈緒子は、十六歳ながらバレエの才能で将来を嘱望される名家の令嬢。ある日、彼女は密かに想いを寄せる顧問弁護士の柄本に処女を奪われる。だが、それを盗み見ていたのは、かねてから彼女につきまとっていた暴走族だった。帰宅途中、彼らに襲われ廃墟ビルに拉致された奈緒子は、そこで屈辱の宴を…。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
美人妻 秘悦の回廊
著者:影村英生
発売日:1995年10月01日
タグ:人形 不倫 フェラ 
内容紹介:
不倫密会の帰途の受難。フェラガモのハイヒールに翻弄される若き社長夫人は、まるで優雅なリボンをかけた愛欲人形のように指示された家のベルを押した。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
獲物は湘南淑女
著者:影村英生
発売日:1994年08月01日
タグ:足コキ 
内容紹介:
彩子が片足で浴槽を跨ぐと隠毛のむらがりが割れて、とば口に近い螺旋状のやわひだと小陰唇がはみだしそうになる。「あなた、はずかしいわ」淫らな興奮で目のふちを染め、彩子がそりかえると、濃厚な乳酸をふくむ湿潤のにおいが、思いがけなく野間をたかぶらせる。「すごく毛深いし、クリトリスが大きいね」露骨な野間の言葉に、彩子はよじれた肉びらがひくつき、ぬるぬるしたものが股の裏がわまで溢れるような気がする。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
看護婦の秘蜜
著者:影村英生
発売日:1990年12月01日
タグ:白衣 
内容紹介:
ささいなミスからけだものたちのしかけた淫虐の罠にはまった白衣の天使・千沙子。時間を問わず、神聖な病院内で白衣を剥かれ、豊満な肉体を曝けだし、淫らな辱めに屈辱の涙を流す。だが、妖しく霞んだその瞳の奥には受虐の期待に蜜を迸らせる哀しくも美しい堕天使がひそんでいる…。
レビュー:


TMA



Copyright © 2008-2010 官能小説データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.14秒)