◆官能小説のレビューや売上ランキングなど。
 官能小説:4,803点  著者:769人  レビュー:2,538
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


官能小説のタグ一覧(抜粋)

山手樹一郎の官能小説

検索結果:35件 検索条件:「山手樹一郎
ソート: 発売日順 | 評価順

[山手樹一郎] 品川砲台
-4pt (評価数:1件)
評価:★☆☆☆☆
品川砲台
著者:山手樹一郎
発売日:2001年12月01日
タグ:
内容紹介:
国を憂える気概を胸に土担ぎの日雇い暮らしを続ける水戸郷士、主家の理不尽を嫌い家出して月夜に足袋はだしの娘。そんな二人が出会って裏長屋の屋根の下、いつしか相寄る慕情…。傑作時代小説集。
レビュー:
The hnosety of your posting is there for all to see

[山手樹一郎] 花の雨
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
花の雨
著者:山手樹一郎
発売日:2001年01月01日
タグ:
内容紹介:
女髪結いのおとしは、その夜、偶然、良人とめぐりあった。旧幕臣の夫は車曳きに身をやつしていたが、その姿は見忘れようもない。維新の混乱のなか、生き別れて7年。だが、にわかに苦難の歳月が蘇ってきて、素直に名のり出ることができない。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
浪人まつり
著者:山手樹一郎
発売日:2000年07月01日
タグ:
内容紹介:
レビュー:

[山手樹一郎] めおと雪
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
めおと雪
著者:山手樹一郎
発売日:2000年01月01日
タグ:イタズラ 
内容紹介:
戊辰戦争で敗れ、ひそかに東京をめざす元幕臣・梅崎修二郎は、士族の女房と思われる女に助けを求められ、手を貸した。ともに人目を忍ぶ身の上だったが、やがて二人の間に運命のいたずらともいうべき意外な事実があらわれる。―時代の激浪に翻弄される男女の運命とほのかな慕情。人情の機微を余すところなく捉えた珠玉の時代小説集。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
春雷
著者:山手樹一郎
発売日:1999年03月01日
タグ:
内容紹介:
江戸へ向う代二郎は一人旅の美人と道連れになったが、峠道の途中で不意に浪人者に襲われた。危うく難は避けたが、どうやらとんだ訳あり女を拾ってしまったらしい。旅の道すがら出会った男女のほのかなロマン、爽やかな慕情を謳いあげた標題作ほか、山手文学の香り豊かな傑作集。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
梅の宿
著者:山手樹一郎
発売日:1997年11月01日
タグ:
内容紹介:
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
紺屋の月
著者:山手樹一郎
発売日:1996年11月01日
タグ:
内容紹介:
武士を捨て、材木問屋の人足に身をやつしている藤里周平、大川端で身投げしようとしていたお澄。数奇な運命のもと、寄辺なき魂が出会い、新しい門出を人の世の温かさがやさしく抱きしめる。過去を持つ男と女を情感豊かに描いた標題作ほか、山手文学の傑作を集めた時代小説集。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
後家の春
著者:山手樹一郎
発売日:1996年03月01日
タグ:
内容紹介:
若くして夫を亡くし女手ひとつで息子を育てあげた気丈な後家のお豊、亡き夫の親友で道楽者という評判の銀次郎の2人は、互いに隠居の身という気軽さから揃って国もとへの旅に出たが道中、思わぬ男の出現により秘められた過去が姿を現わした。―人の世の温かさを高らかにうたいあげた傑作時代小説集。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
三郎兵衛の恋
著者:山手樹一郎
発売日:1995年03月01日
タグ:
内容紹介:
平凡で目立たない娘ではあったが、親子ほども年の違うお藤が三郎兵衛の家にやって来てからというもの、やもめ暮らしに花が咲いたようであった。家事一切をとりしきり、痒いところに手が届くほどに仕えてくれるのが、この上なく好ましかった。そのお藤が、燃えるような目を三郎兵衛に向けてきたのである。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
二十年目の熱情
著者:山手樹一郎
発売日:1994年02月01日
タグ:
内容紹介:
所帯を持つ筈の仲だった銀助とお須加。離れ離れにそれぞれの道を歩むことになって二十年の歳月が流れた。互いに初老の身で偶然、再会したふたりだったが…。運命の気まぐれに翻弄される市井の人々を、しみじみと描く珠玉の時代小説集。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
青春峠
著者:山手樹一郎
発売日:1993年03月01日
タグ:
内容紹介:
尊攘浪士が徘徊する物騒な江戸へ向う青年武士・秩父小太郎は、剣の修行のために江戸へ出るというのだが、騒然たる時代の波は、このすがすがしい若者に運命の試練ともいうべきさまざまな事件を与える。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
江戸の文
著者:山手樹一郎
発売日:1992年09月01日
タグ:
内容紹介:
あばずれ女郎が持っていた手紙を目にして、銀次は思わず涙ぐんでしまった。遠くに置いた子供への慕情あふれる文面だった。死んだ亭主の借金のために女は苦界に身を沈めたのであった。銀次も散々、放蕩の限りを尽した男ではあったが、哀切極まる女の心情に触れると、ふと逃げた女房の面影が目に浮かび、過ぎし日の苦い思いに胸をふさがれた。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
一夜明ければ
著者:山手樹一郎
発売日:1992年05月01日
タグ:
内容紹介:
賢作は、いつのまにやら酒場女のお今と世帯をもってしまった。今年30になる大年増だから欲望は強いが、賢作にはよく尽くしてくれる女である。その可愛いお今と30両の金策をめぐってぶつかった。除夜の鐘が間もない寒い朝のことである。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
福の神だという女
著者:山手樹一郎
発売日:1992年01月01日
タグ:
内容紹介:
師走の街を金策に駈けずりまわっていた勘介は、旅じたくの若い女に呼びとめられた。不思議な女で、あたしは福の神のお福だと名のる。見たところ二十そこそこの若さ、なかなか女っぷりもいい。福の神と一緒の正月は、一風変わったものとなった。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
曲りかどの女
著者:山手樹一郎
発売日:1991年09月01日
タグ:
内容紹介:
江戸に向かう旅の道すがら、大作は見知らぬ男から声を掛けられた。仇討ちに力を貸してもらえないかというのである。男には連れがあり、それもすごい美人である。だが、その仇討ちには、少々こみいった事情がひそみ、大作は不思議な因縁にまきこまれた。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
素浪人案内〈上巻〉
著者:山手樹一郎
発売日:1991年05月01日
タグ:
内容紹介:
浪人神永福太郎は、小田原城下を発って江戸に向かう途中、二人の美女から用心棒を頼まれた。一人は大店の若後家、もう一人は若い腰元風の女である。美女ふたりを従え、いい気分で旅をつづける福太郎一行に、突然、浪人どもが斬りかかってきた。目指すのは、どうやら連れの女の方にあるらしい。
レビュー:

[山手樹一郎] 素浪人案内〈下巻〉
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
素浪人案内〈下巻〉
著者:山手樹一郎
発売日:1991年05月01日
タグ:
内容紹介:
ふたりの美女から用人棒を頼まれた浪人神永福太郎は、沼津藩お家騒動にまきこまれ、奇怪な事件にひんぴんと見舞われた―大陰謀を斬りはらう会心の剣さばき、美貌の若後家お延の艶麗な肢体、剣と恋の絢爛たる時代小説。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
わんぱく公子〈上〉
著者:山手樹一郎
発売日:1990年05月01日
タグ:
内容紹介:
松平鶴七郎は将軍の世つぎという高貴の身分を自ら捨てて、自由な市井人として生きる道を選んだ。生れついての品格と智略、さらに修練を重ねた剣の実力が加わって、大江戸を舞台に颯爽たる活躍ぶりである。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
わんぱく公子〈下〉
著者:山手樹一郎
発売日:1990年05月01日
タグ:お姫様 
内容紹介:
身分にこだわらぬ磊落な性格は人の心をひきつける。鶴七郎は、清太郎、烏松、芳公、お蓮という仲間を得て、不正に苦しむ庶民の味方だ。時にお姫さまのわがままに振りまわされることもあるが、いつのまにか鶴七郎の大きな胸に包まれてしまうのである。
レビュー:

[山手樹一郎] 侍の灯〈上巻〉
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
侍の灯〈上巻〉
著者:山手樹一郎
発売日:1990年01月01日
タグ:
内容紹介:
江戸の豪商豊島屋の女主人お国は一人娘。ところがこのお国、婿さん侯補が次々と死んでいってしまうので、人呼んで因果小町。どうやら百万両にものぼる豊島屋の財産横領をねらった殺し屋のしわざらしい。三島神社の境内でお国にめぐりあった浪人鶴巻一平は彼女のためにひと肌ごうと、悪人どもに立ちむかう。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
侍の灯〈下巻〉
著者:山手樹一郎
発売日:1990年01月01日
タグ:
内容紹介:
人質にとられたお国の身代金三万両を積んだ舟は中屋敷の水門口につけられた。もちろん悪の親玉名村彦之進は、もともとお国を引き渡すつもりなどない。一方、又三郎君を一刻も早く江戸に送り届けんものと藤沢の宿を発った鶴巻一平たちは、名村のさし向けた刺客の死にもの狂いの攻撃を受けた。お家のっとりの陰謀、いよいよ天の裁きが。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
浪人八景〈朝焼けの章〉
著者:山手樹一郎
発売日:1989年09月01日
タグ:お姫様 
内容紹介:
主君の愛姫が寄せる恋情を胸に秘めたまま浪々の日をすごす比良雪太郎は、はからずも和州郡山十万石のお家のっとり騒動にまきこまれた。悪鬼の後楯は、美貌の姫君と十万石を一挙に得んとする好色残忍な分家・大学であった雪太郎は、運命の不思議を覚えつつ、露姫の影になり表になって悪の一派と対決する。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
浪人八景〈夕映えの章〉
著者:山手樹一郎
発売日:1989年09月01日
タグ:
内容紹介:
郡山十万石のお家騒動のさなか相思の露姫と邂逅することになった比良雪太郎は、断絶の危機にあえぐ郡山藩の重臣たちが露姫の生命を犠牲に供することも辞さないことを知り、三井、堅田という無比の友と共に悪の一派と対決した。「お国入り」を控え、いよいよ巧妙露骨となった敵の術策の前に、雪太郎は…破乱の解決篇。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
野ざらし姫
著者:山手樹一郎
発売日:1989年06月01日
タグ:
内容紹介:
浅香伝八郎は旅の途中、やくざにからまれているのを救ってやったのが縁で女芸人と道連れになった。南蛮お菊と名のる女は鉄火肌が珠に疵だが、年の頃は22くらいでなかなかの美人。ところが、道連れになったばかりの伝八郎とお菊に、今度は播州三日月藩が救いを求めてきた。長編時代小説。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
青空浪人
著者:山手樹一郎
発売日:1989年04月01日
タグ:
内容紹介:
月もおぼろの花の夜、浪人建部源太郎は女狐に出会った。裾前を艶っぽく乱した、こぼれるような美女狐である。仔細あって本日、浪人第一夜の源太郎はなんとなく浮かない気分であったが、どこから見ても芸者か芸人にちがいない水際だった器量の、なにやら訳ありのこの娘に、力を貨してやろうという気になってきた
レビュー:


コスプレっ娘通信



Copyright © 2008-2010 官能小説データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.14秒)