◆官能小説のレビューや売上ランキングなど。
 官能小説:4,803点  著者:769人  レビュー:2,538
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


官能小説のタグ一覧(抜粋)

宮城賢秀の官能小説

検索結果:6件 検索条件:「宮城賢秀
ソート: 発売日順 | 評価順

[宮城賢秀] 八丁堀父子鷹〈3〉
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
八丁堀父子鷹〈3〉
著者:宮城賢秀
発売日:2002年07月01日
タグ:
内容紹介:
深川の搗米屋・野州屋の孫が誘拐された。まもなく子供は無事に取り戻されたが、今度は下野屋という味噌問屋が襲われて主従21人が殺害され、犯人は黒羽天狗と名のった。探索を進めると、果たして野州黒羽藩にかかわりのあることが判明した。
レビュー:

[宮城賢秀] 八丁堀父子鷹〈2〉
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
八丁堀父子鷹〈2〉
著者:宮城賢秀
発売日:2001年11月01日
タグ:
内容紹介:
炭問屋主従が盗賊に襲われて皆殺しにされたが、使用人ひとりの行方がわからない。北町奉行所定町廻り同心・高部右近はこの男が事件に深くかかわりがあると狙いをつけ探索にあたるが、事件を追うにつれ一藩の上層部がからんだ醜聞が浮かびあがった。
レビュー:

[宮城賢秀] 八丁堀父子鷹
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
八丁堀父子鷹
著者:宮城賢秀
発売日:2001年05月01日
タグ:残虐   
内容紹介:
北町奉行所定町廻り同心・高部右近の妻が殺害された。母、妹も殺されるという残虐非道であった。だが、傷心の右近は哀しみを胸に秘め、隠居した元同心の父の助力も得て、なおも犯行を重ねる凶悪な盗賊一味を追う。
レビュー:

[宮城賢秀] 凶悪狩り―道中奉行裏探索方事件控
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
凶悪狩り―道中奉行裏探索方事件控
著者:宮城賢秀
発売日:2000年11月01日
タグ:
内容紹介:
東海道品川宿の大半を焼いた火事の被害調査に乗り出した道中奉行配下の裏探索方は、現場で法外な金を持つ二人の無頼を捕えた。金の出所を追求すると、高利貸し一家殺害が明らかになったばかりか、一藩の屋台骨を揺さぶる事件が噴きだした。
レビュー:

[宮城賢秀] 群狼狩り―寺社奉行吟味物調役事件控
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
群狼狩り―寺社奉行吟味物調役事件控
著者:宮城賢秀
発売日:2000年05月01日
タグ:残虐 
内容紹介:
質屋一家が皆殺しにされ、大金が奪われた。ただ一人、年頃の娘が生死不明だった。寺社奉行直属の旗本で影流の名手・久須美権兵衛は、残虐な強盗団の手口から背後で糸を引く黒幕の探索に乗りだす。手練の剣が容赦なく非道を斬る。
レビュー:

[宮城賢秀] 大江戸処刑人
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
大江戸処刑人
著者:宮城賢秀
発売日:1998年06月01日
タグ:
内容紹介:
深川門前仲町の色茶屋に、西ノ丸書院番・松平外記のあとを追って入った萩原又六と橋本五四郎は、外記を出せと暴れこんできた土地のごろつきを叩き潰した。直心影流の遣い手で御小人目付の2人は無頼を蔭で操る旗本の影に気づくが、松平外記は城中詰所で3人の同僚の命を奪うと、自ら切腹して果てた。
レビュー:





Copyright © 2008-2010 官能小説データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.14秒)