◆官能小説のレビューや売上ランキングなど。
 官能小説:4,803点  著者:769人  レビュー:2,538
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


官能小説のタグ一覧(抜粋)

佐伯悠希の官能小説

検索結果:9件 検索条件:「佐伯悠希
ソート: 発売日順 | 評価順

[佐伯悠希] 三人の淫ら少女 ときめきハーレム学園
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
三人の淫ら少女 ときめきハーレム学園
著者:佐伯悠希
発売日:2014年10月14日
タグ:
内容紹介:
レビュー:

[佐伯悠希] 幼なじみと僕の姉妹 いけないハーレム
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
幼なじみと僕の姉妹 いけないハーレム
著者:佐伯悠希
発売日:2014年03月11日
タグ:
内容紹介:
レビュー:

[佐伯悠希] 美人三姉妹 ひと夏の誘惑
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
美人三姉妹 ひと夏の誘惑
著者:佐伯悠希
発売日:2013年07月11日
タグ:
内容紹介:
レビュー:

[佐伯悠希] 女子生徒会長は僕のアイドル
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
女子生徒会長は僕のアイドル
著者:佐伯悠希
発売日:2012年09月11日
タグ:
内容紹介:
レビュー:

[佐伯悠希] 誘惑三姉妹 ときめきの好奇心
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
誘惑三姉妹 ときめきの好奇心
著者:佐伯悠希
発売日:2011年08月11日
タグ:
内容紹介:
レビュー:

[佐伯悠希] 三人の誘惑少女 ときめき課外授業
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
三人の誘惑少女 ときめき課外授業
著者:佐伯悠希
発売日:2010年12月13日
タグ:
内容紹介:
全男子憧れの可愛い先輩の唇が近づいてきて……
レビュー:

[佐伯悠希] 小悪魔チアガール
4pt (評価数:3件)
評価:★★★☆☆
小悪魔チアガール
著者:佐伯悠希
発売日:2009年05月08日
タグ:競泳水着 スポーツ テニス 中出し アイドル ハーレム 女子校生 巨乳 学校 童貞 学園 高校生 
内容紹介:
学園のアイドルたちがボクを誘惑? 童貞少年に襲いかかる、淫らすぎる女難とは!? カメラの得意な康平は、学校の新聞部に所属している。 取材で魅力的なチアリーダーたちを撮影していたが、あるとき、 その中でもピカイチの美少女・結衣に誘惑されるというチャンスに恵まれる。 だが、それには裏があり……。
カバー袖
結衣は急に康平の手を取り、チアのコスチュームのウエストから裾の中へと引き入れて、 素肌の上半身を触らせた。 「いいんだよぉぅ。ユイのオッパイ、触ってもいいんだよぅ…… ほらぁ……ここがオッパイだってわかるでしょう?」 結衣にグイグイと押し上げられて、康平は手のひらにスポーツブラの感触を察知した。 しっかりと乳房をカバーしているブラだったが、ふっくらと盛り上がった乳肉は、 フワフワと揺れる柔らかさと、熱いほどの美少女の体温を生々しく伝えてきた。 「もっと、もっと、触ってもいいんだよぅ……」 結衣は吐息を康平の顔に吹きかけるように言った。
レビュー:
キャラの姓が全部○○県

[早瀬真人 冴渡文人 柏木春人 友松直之 佐伯悠希 香月珠洲 柚木郁人] 美少女たちの保健体育
1pt (評価数:3件)
評価:★★★☆☆
美少女たちの保健体育
著者:早瀬真人 冴渡文人 柏木春人 友松直之 佐伯悠希 香月珠洲 柚木郁人
発売日:2009年03月10日
タグ:アンソロジー 脅迫 アイドル 童貞 奴隷 教師 
内容紹介:
恥ずかしくて、そんなコトできません……。でも……
大人に近づく美少女たちのちょっと危ない好奇心。
人気新人作家による書き下ろし競作コレクション!

童貞教師から脅迫され卑猥な指導に従う純情少女、
父親を成長過程のカラダで誘惑する娘、童貞男子に襲われた新体操部のアイドル、奴隷用ロリータに改造された少女……
個性派揃いの新人作家たちによる美少女傑作アンソロジー!
レビュー:
A piece of erudition uinlke any other!

[佐伯悠希] 三十路奥様とボク
9pt (評価数:3件)
評価:★★★★☆
三十路奥様とボク
著者:佐伯悠希
発売日:2008年08月08日
タグ:年下 熟女 レズ  処女  
内容紹介:
可愛い彼女の母親は、超魅力的な熟女だった! 熟れたカラダにメロメロになって…… 直樹が、偶然知り合った美貌の熟女・美和子は、妹の同級生の希美の母親だった! ブラウスから覗く豊満な乳房、突き出したヒップ……。 直樹は自分を慕う希美と付き合うことになりながらも、美和子の成熟した肉体の魅力にハマッていき……。 直樹は憧れの女性の唇に、自分のペニスが消えた光景に驚き、ソファから尻を飛び上がらせた。それは思いもよらず美和子の口にペニスを押しこむ結果になった。 「んぐっ! んうっ! むふぅ……、んんんんんんぅ……」 亀頭が喉奥に突き当たり、美和子は吐き出しそうに呻いたが、ぐっと堪えるような表情で、さらに深々とサオを呑みこんだ。 そして美和子はウェーブヘアを揺らめかせつつ美貌を上下に往復させ、ジュポンジュポンと淫靡に湿った音を立て、唇で激しくペニスをしごいてきた。丸く開いた唇はペニスに脈々と浮き立っ た血管を超えていくたびに波を打っている。 「ああっ……美和子さん……もうガマンできません……」
レビュー:
ソフトで明るく楽しい作品


アニマック(ソフ倫)



Copyright © 2008-2010 官能小説データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.17秒)