◆官能小説のレビューや売上ランキングなど。
 官能小説:4,803点  著者:769人  レビュー:2,538
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


官能小説のタグ一覧(抜粋)

不倫の官能小説

検索結果:111件 検索条件:「不倫
ソート: 発売日順 | 評価順

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
淫襞
著者:青木信光
発売日:1987年09月01日
タグ:不倫 熟女 人妻 
内容紹介:
不倫に溺れる空閨の人妻、熟女の艶肌に邪悪な養父の指が這い、淫襞が濡れ蠢く。牝芯を剥き、狂わせる秘戯録。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
濡れたいの
著者:一条きらら
発売日:1987年06月01日
タグ:不倫 処女 
内容紹介:
無邪気で、可愛くて、魅力的な田代美保。28歳。夫が札幌に単身赴任してから、さみしい心と身体を持て余す。最初の過ちは上司。次いで義弟、昔の同級生、マンションの住人と。遂には夫の親友とまでも…。処女出版『不倫ばやり』で世間をどっきりさせた著者が、現実に波立つ不倫劇を露わに大公開!
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
不倫の部屋
著者:中村嘉子
発売日:1987年05月01日
タグ:人妻 
内容紹介:
もっと、けだものにして!貞淑の仮面を脱ぎすてた人妻は、本ものの肉の歓びを求めて背徳の欲情をたぎらせる。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
不倫だから
著者:一条きらら
発売日:1987年02月01日
タグ:不倫 OL 未亡人 
内容紹介:
かつての上司との不倫の行為に、麻里はエクスタシーの叫びを上げ喘いだ。離婚妻、未亡人、OL、性の欲望に疼き、熱い夜の悦楽に悶える女達を描く、エクスタシー官能ロマン。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
不倫のあえぎ
著者:一条きらら
発売日:1987年01月01日
タグ:人妻 
内容紹介:
「男なら誰でもいいんだろう」美紀は絨毯の上に転がされ、後ろ向きにさせられた。二人の愛人との情事におぼれる人妻・美紀。そんな妻の不貞に気づき、嫉妬に狂い、荒々しく攻めたてる夫の“屹立”に、美紀の内奥は異様に〓ぶり濡れはじめる。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
不倫の仕掛人
著者:板坂康弘
発売日:1987年01月01日
タグ:人妻 
内容紹介:
全裸同然の姿になると、彼女は大胆になった。ベッドの上で、なまめかしくポーズをとり、乳房をもちあげて彼に迫った。乳首がつんと立って、ブラジャーのレースの部分を押しあげている。単身赴任の気安さが、男の欲望を剥き出しにさせ、人妻専科を実戦させる…。官能長編ロマン!
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
新妻不倫ごっこ
著者:宇能鴻一郎
発売日:1986年10月01日
タグ:不倫 
内容紹介:
不倫っていけないことだとわかっていても、男の人に興味があるから、つい…。でも、普通の男じゃ面白くないから、ハワイに行って、外人男性を体験することにしたんです。あたし、動物的な外人の体臭を思っただけで、からだの芯がほてってきちゃう。きっと、強烈なセックスだわ。ああ、あたし、もう待ちきれない―。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
不倫ばやり
著者:一条きらら
発売日:1986年06月01日
タグ:ドラマ 近親相姦 不倫 OL 
内容紹介:
「抱いて、早く…」。花びらから花芯へと彼の舌が這いずり回り、女の身体の震えがいっそう激しくなっていった。不倫の恋、スワッピング、OL売春、近親相姦などなど、現実に起こっている人間の性のドラマを余すところなく活写する。エキサイティング・マガジンの女王が精選した刺激の10編。
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
不倫色のルージュ
著者:夢潤一郎
発売日:1986年06月01日
タグ:ハード 不倫 
内容紹介:
鋭利に切り裂かれた都会の危うい空間の中で、“不倫”をキーワードに揺れる女たち―。アーバン・ハードロマンの旗手・夢潤一郎の第3作品集
レビュー:

NO IMAGE
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
不倫関係
著者:志茂田景樹
発売日:1986年04月01日
タグ:
内容紹介:
ひろみは新鮮さと若やいだ匂いに充ちている。平田はその匂いが好きだった。匂いをかぎながら、感触を愉しんだ。つい2~3時間前までは、ほかの男を受け入れていたところなのだと思うと、ひどくやけるが、やくことで味わえる、ややマゾ的な思いは、不快ではなかった。
レビュー:

[鬼頭龍一] 叔母・二十五歳
0pt (評価数:0件)
評価:☆☆☆☆☆
叔母・二十五歳
著者:鬼頭龍一
発売日:1985年04月01日
タグ:不倫  
内容紹介:
「いいのよ、わかってるんだから。ずっと勃ってたのね」奈緒子に想いを寄せる少年の一途な心情に迫られて、25歳の熟肢が許してしまった、倒錯すぎる不倫の行為。「嗅ぐだけで、舐めるだけで、我慢できるの?」甥と叔母、禁断の関係を超えてしまった二人の激しくも甘い、夢のようなひと夏がはじまった…。悩殺的な若叔母との相姦倒錯小説。
レビュー:





Copyright © 2008-2010 官能小説データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.06秒)