◆官能小説のレビューや売上ランキングなど。
 官能小説:4,803点  著者:769人  レビュー:2,538
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


官能小説のタグ一覧(抜粋)

美母と高校生 相・姦・中・毒

[芳川葵] 美母と高校生 相・姦・中・毒
著者:芳川葵  発売日:2007年02月01日
タグ:
オナニー 教師  
サンプル画像:
なし
内容紹介:
(ママのオッパイを、お尻を、僕だけのものにしたい)危険な日記をしたためた少年がいけなかったのか? いやらしすぎる身体を持つ美母がいけなかったのか? 息子の蒼い性が空閨を煩う"女"に火をつけた。乳房に深い谷間を覗かせ、若勃起を咥えこむ夜の寝室。優梨子34歳、本当の望みを告白した瞬間、禁忌の絆が結ばれる!
価格:630
◆通信販売で取り扱っているショップ◆
楽天ブックス美母と高校生「相・姦・中・毒」
Amazon.co.jp美母と高校生 相・姦・中・毒 (フランス書院文庫)
livedoor BOOKS美母と高校生 相・姦・中・毒
オンライン書店ビーケーワン美母と高校生

レビュー
1 名前:DSK 投稿日:2008年12月16日
★★★★★

母性に満ち溢れた母の小さな活躍

自分に向けられた15歳になる息子の青い情動を知ってしまった34歳の実母が、その想いをかなえてあげる禁忌の相姦愛情物語。知った直後こそ大きなショックを受けるものの、すぐに息子に対する愛しさを感じながら興奮してしまい、息子を思いながら自慰に耽ってしまう母。このプロローグで本作の方向性は粗方見えてしまうのだが、結末に至るまでの展開がなかなか面白いものだった。サブヒロインとして24歳の美人英語教師が出てくるのは予想の範疇、しかし間違って息子のPCに届いたメールの送り主として登場する主婦が本作をユニークなものにしている。勢い余って母に無理矢理迫り、想いは果たせたものの母の嗚咽を見て強烈な自己嫌悪に陥った息子の相談にのった先生の助言でその主婦と会うことになり、そこで主婦の正体が判明する。そして、その後の展開で和解に成功した母子が改めて禁忌の愛を育むシーンが圧巻なのである。その前の、相談後の先生との情交も手 → 口 → 本番の3連発でなかなかのいやらしさだったが、それを遥かに上回る、約47頁にも渡る濃厚な描写が本作のクライマックスであり、これがまた息子の想いを全て受け入れようとする母の母性が全開に炸裂する耽美かつ淫猥なシーンなのである。ああ、なんていやらしい。意外に積極的だった先生の想いもあるのだが、母も先生なんかに、というか誰にも息子は渡さないという想いに溢れているため、息子が果報者過ぎる気もするが、ここまでされてしまうとある意味問答無用で心地よい読後感にさせられてしまう作品である。

2 名前:Carrieann 投稿日:2013年04月03日
★★★

Finally! This is just what I was lkoonig for.

名前: 評価:  
内容:

戻る
ディスカバリー



Copyright © 2008-2010 官能小説データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.04秒)