◆官能小説のレビューや売上ランキングなど。
 官能小説:4,803点  著者:769人  レビュー:2,538
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


官能小説のタグ一覧(抜粋)

NO IMAGE
著者:  発売日:
タグ:
サンプル画像:
なし
内容紹介:
価格:0
◆通信販売で取り扱っているショップ◆

レビュー
1 名前:DSK 投稿日:2008年12月08日
★★★★★

背徳に溺れる愚かな2人

淫らな欲望にスイッチが入った兄嫁と高校生の義弟の愚かな顛末である。きっかけはどちらか。最初に兄夫婦の営みを覗いたのは義弟だが、これにより姦計を案じるに至ったのは兄嫁である。どっちもどっちだろう。ただ、自分から挑発しておきながら表面的にはあくまで義弟に迫られて止むを得ず、という態度と立場を最後まで維持する兄嫁の方がタチが悪い。全編に渡って兄嫁の視点で綴られ、自分が感じたこと、思ったこと、して欲しいこと、そのためにすること、その結果どうなったかなどが赤裸々なため、兄嫁の思うままに翻弄されていく義弟という構図になるからである。前半は義弟に襲わせるための下準備。風呂を覗かせ、下着を盗ませ、スリップ姿の居間でわざと居眠りして身体を触らせる。仕上げとばかりに黒下着で自慰の最中に思惑が成功、関係を持つに至る。ここまでならただの悪女だが、最後の一線を越えた義弟が思いの外暴走する後半で様相が変わってくる。夫が出張すると学校を休んでまで、それこそ一日中貪り続ける姿にその兆候は現れていたが、どんどんエスカレートする行いに兄嫁も戸惑いながら応じていく。なんかヤバいな、と感じつつも止められない状態である。夫に悟られない振る舞いが不可欠な兄嫁、ストレートに想いをぶつけるだけの義弟、この違いが次第に表面化していく。狂い始める義弟、夫婦の営みを拒み始める兄嫁、これにより妻を緊縛してまで事を果たし始める夫。次第におかしくなる関係は、暴走を極めた義弟が無理矢理剃毛したことで決定的になる。その後の結末を予測出来なくなるまで追い詰めたものは何か。兄嫁に溺れた義弟、その義弟を御しきれなくなるまで愉悦に溺れた兄嫁、やはりどちらも愚かだったと言うしか無い。ただ、結末を読む限りでは、さんざん楽しんで男を弄んでいたのに何だか女は得だなぁ、との感想にもなり、少々複雑な気分で読了する作品とも言える。

2 名前:Silvia 投稿日:2012年05月09日
★★

Youre a real deep thniekr. Thanks for sharing.

3 名前:Thongchai 投稿日:2014年01月23日
★★★★

I could read a book about this without finding such real-world apacsprheo!

名前: 評価:  
内容:

戻る



Copyright © 2008-2010 官能小説データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.02秒)