◆官能小説のレビューや売上ランキングなど。
 官能小説:4,803点  著者:769人  レビュー:2,538
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


官能小説のタグ一覧(抜粋)

新妻

[藍川京] 新妻
著者:藍川京  発売日:2000年12月01日
サンプル画像:
なし
内容紹介:
初夜。美貌の処女妻を待っていたのは、夫ではなかった……。東北の旧家に伝わる恥辱の性の秘儀に翻弄されながらも、その虜になってゆく若妻彩子。その愛と嗜虐の官能世界。
価格:630
◆通信販売で取り扱っているショップ◆
楽天ブックス新妻
Amazon.co.jp新妻 (幻冬舎アウトロー文庫)
livedoor BOOKS新妻

レビュー
1 名前:k.klaus-heinz-von-dem-eberbach 投稿日:2006年05月07日
★★★★★

ありえない設定だけど‥

私は女ですが、作者の小説が好きでよく読みます。この話はありえないような設定なのですが、舞台が田舎の旧家なだけに「あるかも‥」なんて思えてしまう部分もありました。でも祝言の夜、衆人環視(新郎も)の中で新郎の父親に処女を奪われるくだりを読み、その場面を想像してドキドキしました。自分がそんな場面に遭遇したらどんな精神状態になるのか‥それを考えて胸が高鳴りました。強姦小説とは違うのですが、話の流れは監禁、調教なんです。でも「私もこんな風にされたい」なんて思わせるところが、この作家のうまいところだな‥と感心させられます。ただ最後がちょっとあっけなかったのが残念です。

2 名前:ヒソカ 投稿日:2008年09月09日
★★★★★

ありそうでありえない

田舎の旧家に嫁いだ、男を知らぬ彩子は旧家に伝わる掟によって、初夜、衆人環視の中、夫ではない男によって女にされます。そして、拒絶や逃亡を企てますが、やがて女の歓びを知るようになるという、全体的には調教(縄と平手によるスパンキング)と旧家の因習を絡めた、ポルノグラフィ―ではない、真の官能小説です。初めから終わりまで熱い、それでいて静謐な雰囲気が漂っています。

この作者は和服や和の美を描くことに卓越しており、本作品でもその能力は存分に発揮されています。

村全体で、特定の家を重んじ、また何らかの掟が現代にも伝わってきているという設定は、テクモのゲーム「零 紅い蝶」を彷彿とさせます。「紅い蝶」では双子の一方が他方を絞殺することによって、村は大災厄から守られるという設定です。『新妻』ではその時の村の主が新妻の処女を奪い、女にしていくことによって村全体が守られ、繁栄していくという考えが貫かれています。民俗学的には興味深い事例です。

時代が進んでも、こんな風習のある村があるのかもしれない、そんな気にさせられる書き方がされており、こんな村に住んでみたいと思わされました。

3 名前:Arthur 投稿日:2014年01月22日
★★★

I was struck by the hotnsey of your posting

名前: 評価:  
内容:

戻る
DODER



Copyright © 2008-2010 官能小説データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.03秒)