◆官能小説のレビューや売上ランキングなど。
 官能小説:4,803点  著者:769人  レビュー:2,538
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


官能小説のタグ一覧(抜粋)

贄の花

[千草忠夫] 贄の花
著者:千草忠夫  発売日:2002年07月01日
タグ:
狂気 女子校生 高校生  凌辱 人妻 教師 
サンプル画像:
なし
内容紹介:
古都・金沢の武家屋敷を舞台に繰り広げられる、禁断の姦の絵巻!立ち込める淫の香り、乱れ咲く狂気の華!究極の愛を求めて彷徨う兄妹が、狂気の果てに見つけたものは!?極彩色に彩られた絢爛たるエロスの世界を、華麗な筆致で濃密に描く、官能文学の巨匠千草忠夫の問題作。
価格:1,260
◆通信販売で取り扱っているショップ◆
楽天ブックス贄の花
Amazon.co.jp贄の花
livedoor BOOKS贄の花

レビュー
1 名前:電気屋 投稿日:2010年01月06日
★★★★★

マイ・ファースト・千草

千草初体験となった一冊。コレでずっぽり千草にはまった。
最初の一冊が本書であったのはホントにラッキーだったと思う。全部とは言わぬまでもかなりの千草作品を読んだが、それでもトップクラスのお気に入りだし、長大な作品の多い中では比較的コンパクトな分量で、それでいて千草らしさは十二分にこもっている。
責められるのは麗しき人妻世津子とその義娘にして美しき女学生とも子(女子高生とは言いたくないね)。
舞台は小京都金沢。
北陸の某所で女子高の教師をしていたといわれる千草忠夫が、たびたび作品の舞台としたいわば地元だ。
責めるのは狂気にとらわれた旧家の当主兄妹。そして二人に仕えるタクシー運転手八十平。
薄暗く湿った武家屋敷の地下牢でくりひらげられる凌辱絵図は淫らにして耽美。まさに千草忠夫の真骨頂。
八十平は風采の上がらない中年オヤジだが、当主の鱗一郎と妹千鶴は狂気にとらわれた美形だから、女性が読んでもおっけー。実際に女性で千草ファンって人知ってるし。
美しくも淫らな千草ワールドは今もなお多くの熱狂的なファンを魅きつけてやまず、絶版作品の新書ノベルスが古書として数千から時として万を超える値が付くほどだ。もし未体験であるなら、ゼヒ本書でその魅力にに触れてほしい。

名前: 評価:  
内容:

戻る



Copyright © 2008-2010 官能小説データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.02秒)