◆官能小説のレビューや売上ランキングなど。
 官能小説:4,803点  著者:769人  レビュー:2,538
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


官能小説のタグ一覧(抜粋)

Wプリンセスとラブ同棲!

[上原りょう] Wプリンセスとラブ同棲!
著者:上原りょう  発売日:2009年11月20日
サンプル画像:
なし
内容紹介:
「陽介様の××、スキスキですぅ?」「わらわのベロとて最高じゃろう?」幹に頬ずり、先に吸いつくWフェラ?挑むのは西欧系ぽわぽわ姫・アンヌと中東系スレンダー姫のエリーシャ様!高貴な姫がWでご奉仕! Wで絶頂!「「3Pえっちで平等に愛してね?」」プリンセス プレゼンツ ラブハーレム
価格:700
◆通信販売で取り扱っているショップ◆
Amazon.co.jpWプリンセスとラブ同棲! (美少女文庫)
livedoor BOOKSWプリンセスとラブ同棲!
オンライン書店ビーケーワンWプリンセスとラブ同棲!
Dmmアダルト 通販Wプリンセスとラブ同棲! (小説)

レビュー
1 名前:ましかく 投稿日:2009年12月05日
★★★★

タイトル通り。以上でも以下でもなく

伊原陽介の元に突然現れてやってきたのは欧州からやってきたアンヌ姫と中東からやってきたエリーシャ姫。両親がそれぞれ勝手に選んできた「結婚相手」と同棲&転校もしてきて学校にも通うことに。
日本の庶民である陽介との生活になかなか馴染めない2人の姫との距離を縮めていく一方、2人の母国は外交的にかなり緊張した状態に傾いていた……
アンヌ初V→アンヌF→エリーシャ初V→アンヌF&V&初A→エリーシャ公園V→2人F→3P(アンヌV→エリーシャV)
巨乳で天然なアンヌ姫と貧乳で気位の高いエリーシャのほどよいコントラストがよい1冊。2人ともお姫様暮らしが抜けないままやってきたので当初はいろいろ面倒ですが、その辺は行為で解決するのはお約束。最後はお姫様という境遇らしい展開で締めていきます。
描写的にはアンヌのほうが豊富ですが、エリーシャとはクラスメイトとのツンデレ問答などがあって機微の面では面白いと思いました。

2 名前:ミーミルの泉 投稿日:2010年04月24日
★★★

色々な国があって色々なプリンセスもいる

『Wプリンセスとラブ同棲!』です。
同じ作者とイラストレーターで『Wメイドで生徒会!』という作品があるのですが、Wシリーズとでもなるのでしょうか。どちらかというとメインであるヒロインがおっとりした性格で巨乳で、もう片方はスレンダーでツンデレ、という構図も共通していますが。
欧州と中東の国からプリンセスが押しかけてきて同棲生活を始める、という話です。ドタバタコメディ的な展開と文体の冒頭です。
第二章で初体験を済ませてからは、二人がプリンセスならではのトンデモ設定が、まあこんなもんでしょうということで楽しめます。最後は外交問題という壁がありつつ、美少女文庫らしいエンディングへきちんとなだれこみます。
クラスメイトが出てくる部分は、変化をつけるという意味では必要なのでしょうが、多人数同時登場場面は、キャラの書き分けに苦労している感があります。
主人公が、美少女文庫にありがちな不自然なほどのネンネではなく、普通に男としての欲望を表に出していたのは良かったです。
エロシーンのバリエーションはやや物足りないくらいです。アンヌのパイズリくらいはあってもよかったような。あとキャラ設定がややブレているようにも感じる部分もありましたが、美少女文庫で細部にこだわってもしょうがないのでスルーで。
評価は★3です。

3 名前:Rian 投稿日:2012年12月24日
★★★★

Thats a clever answer to a tircky question

名前: 評価:  
内容:

検索画面に戻る
DODER



Copyright © 2008-2010 官能小説データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.03秒)