◆官能小説のレビューや売上ランキングなど。
 官能小説:4,803点  著者:769人  レビュー:2,538
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


官能小説のタグ一覧(抜粋)

ツンマゾ!!! M姫様の戴冠

[葉原鉄] ツンマゾ!!! M姫様の戴冠
著者:葉原鉄  発売日:2010年06月20日
サンプル画像:
なし
内容紹介:
わたしを次期女王・ミナミと知っての
誘拐ですか!(ツンツン) 初恋の人から
レイプだなんて最高すぎ(マソ゛マソ゛)
最凶のツンマゾ姫を女王にするため、
仕組まれた拉致監禁! ギロチンより
も素敵な調教で姫のドM魂を大更正!
ハメ撮り脅迫 ぶっかけ戴冠式
首枷&孕ませで、姫は終身ラブ奴隷
価格:700
◆通信販売で取り扱っているショップ◆
楽天ブックスツンマゾ!!!M姫様の戴冠
Amazon.co.jpツンマゾ!!! M姫様の戴冠 (美少女文庫えすかれ)
livedoor BOOKSツンマゾ!!! M姫様の戴冠
オンライン書店ビーケーワンツンマゾ!!!
Dmmアダルト 通販ツンマゾ!!!M姫様の戴冠 (小説)

レビュー
1 名前:誘惑ファン 投稿日:2010年06月18日
★★★★★

国の運命をかけて

前作もそうでしたが、ハードで明るいお話です。
ツンマゾシリーズを楽しめた人にはオススメです。
ヨーロッパの小国の革命騒ぎまで交えてプリンセス調教が進みます。
笑えるのでライトノベル好きも楽しめます。

2 名前:バルテズ 投稿日:2010年07月13日
★★★

愛のある調教第三弾

ツンマゾシリーズ第三弾、今回のお話はヨーロッパの某国王女様を調教しちゃう
話となっています。
また、過去シリーズ二作に登場した主人公&ヒロイン及び脇役(ある意味では主役
といっていい御仁)も登場する、ファンサービス的なシーンもあります。

ストーリーの詳細は他のレビュアーの方が書かれていますので、今回は個人的に
気になったことだけを挙げさせていただきます。
今回のお話でのエロシーンはちょっとどうなのかなと思ってしまう箇所がありまして。
同シーンにおけるヒロインのセリフには、『♪(音符)』がほとんど入ってきます。
それも語尾だけでなくて読点のたびにです。
最初はまあいいんじゃないかなとは思えていました。
しかし読み進めるたびに♪のオンパレード……。
いや、ヒロインが悦んでいるという表現だということは、私も承知していますし理解
もしているつもりです。
でも、これだけ続けてしまうとチープさが漂ってしまっているという面のほうが大きく
なってしまっているというか。

☆4つをあげたいところですけれど、最後の最後まで上記のことが引っかかり続けてしま
ったので、一点減点の☆3つです。


最後に属性紹介

・ツン ・マゾ ロ○ ・野外プレイ ・放尿

3 名前:ましかく 投稿日:2010年07月13日
★★★★★

ドMの血を引くドSな姫を目覚めさせた家庭教師の話

城井賢人はとあるお嬢様の家庭教師になったとき、そのわがままっぷりに思わず手を上げてしまったことでクビになり、さらにあらぬ罪を着せられて社会的に抹殺されてしまった浮浪者だった。そんな賢人に彼女の母国フィニシア王国の王女誘拐テロを企むフィニシア解放戦線に参加する。テロ組織にしてはやや小規模なメンバーではあるが賢人にとっては願ってもないことであった。
そのターゲットである王女こそが、あのお嬢様の正体フィニシア王国第1王位継承者ミナミ・アルフィニシアその人なのだから。

初V→遊園地F~帰宅V→川原責め→SM部屋(プレイいろいろ~メンバー2組~ハメ撮り初A)→フィニシア王国へ(戴冠式○○~王座で○○)→メイドミナミプレイ(犬散歩&A&V)→結婚式(○○ミナミとA)

ツンマゾ!―ツンなお嬢様は、実はM (えすかれ美少女文庫)ツンマゾ!! 武闘派生徒会長だってM (美少女文庫えすかれ)に続く第3弾。よく見たら「!」がちゃんと増えてました。
そしてこの前2作のヒロイン&主人公コンビと前作登場の雲母小百合がフィニシア解放戦線のメンバー、全ては「ドM」で繋がった一族の物語でした、ということで。
前置き的に見て「賢人に叩かれてMに目覚めちゃった」というオチは見えてくると思いますが、賢人にとっては社会的に抹殺され、底辺の苦しみを味わっただけにそんな恨みすらも喜びに変えようとしてしまうミナミの存在に怒りをぶつけたくてもぶつけきれない複雑な心境、そしてある程度ミナミとの関係を受け入れた後でミナミの母親、オウカ(もちろんドM)があることを告白してオウカを責めようとした時のミナミの心境はこの作品独特の説得力があって面白かったです。
最後にミナミは○○でも絶頂しかねないことになるわけですが……この先、これよりすごいのあるんだろうか。

4 名前:David 投稿日:2012年12月25日
★★★★

Ya learn something new eerdvyay. Its true I guess!

5 名前:Victory 投稿日:2014年01月21日
★★★

Super exiectd to see more of this kind of stuff online.

名前: 評価:  
内容:

検索画面に戻る
アニマック



Copyright © 2008-2010 官能小説データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.04秒)