◆官能小説のレビューや売上ランキングなど。
 官能小説:4,803点  著者:769人  レビュー:2,538
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


官能小説のタグ一覧(抜粋)

時計城の淫猟歌―少女探偵の事件簿・さらわれた歌劇団

[市川光紀] 時計城の淫猟歌―少女探偵の事件簿・さらわれた歌劇団
著者:市川光紀  発売日:1998年12月01日
サンプル画像:
なし
内容紹介:
事件は凄惨きわまりない機械仕掛けの自動死体からはじまった。不気味な剥製の鳥達と仮面の殺人鬼泣烏!銀座東洋劇場、巨大時計の上で踊る自動死体。次々と起こる猟奇殺人、さらわれた歌劇団。清楚な娘達と若い未亡人を襲う超強力媚薬女毒蘭、乱交、肛悦、レズ、レイプ!…そして、復活した屍猟機に挑むのは、少女探偵神崎毬絵。昭和74年日本、帝都を舞台にしたSEXと快楽と殺人の怪奇サスペンス!!ナポレオン小説大賞、特別賞受賞作。
価格:926

レビュー
1 名前:ミーミルの泉 投稿日:2004年10月28日
★★★★★

終わりなき昭和

時は昭和74年、所は大日本帝国、という『時計城の淫猟歌―少女探偵の事件簿・さらわれた歌劇団』。この設定、官能小説に使うにはもったいないくらい素敵です。男と女で、あるいは女同士で、結局ヤルことは一緒です。時と場所を選びません。一応ミステリーでもあり、これまた官能小説の枠に収めるには惜しいです。

2 名前:Alessandra 投稿日:2013年08月07日
★★★★

Thats not just the best anesrw. Its the bestest answer!

名前: 評価:  
内容:

戻る



Copyright © 2008-2010 官能小説データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.02秒)