◆官能小説のレビューや売上ランキングなど。
 官能小説:4,803点  著者:769人  レビュー:2,538
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


官能小説のタグ一覧(抜粋)

保健教師

[橘真児] 保健教師
著者:橘真児  発売日:2009年02月26日
タグ:
委員長 保健室 年上 制服 学園  教師 
サンプル画像:
なし
内容紹介:
「どうなってるのか、先生に見せなさい」 カーテンを閉めた 保健室のベッドでは、 好奇心旺盛な女教師が── 高校三年生の則広は保健委員長。彼にとって、ひと回り年上ながらずっと憧れを抱いている養護教諭・すみれと 保健室でふたりきりのときが一番の幸せな時間だった。ところが、すみれが不在の日、別の女教師二人から思わ ぬ行為を迫られてしまう。さらにその事実をすみれの妹が知ることになり…。 保健室を舞台に繰り広げられる、学園官能の傑作書き下ろし!
カバー袖
「じゃ、ここに座って」 唯に言われ、則広はベッドの縁に腰をおろした。彼女はいそいそとカーテンでベッドを囲う。 「あ、先に下、脱いでもらえるかな」 軽い口調での要請に、頬が熱くなる。医者にかかるときならいざ知らず、女の先生の前でたやすく下半身をあらわにできるものではない。 しかし、ここまできたら覚悟を決めるしかないのだ。則広は立ちあがり、ズボンのベルトを弛めた。グズグズしていると迷いが大きくなりそうで、ブリーフごと一気に足首までおろす。 (うう、やっぱり恥ずかしいよ) 唯が丸椅子を運んできて、則広の前に置く。それから、下半身裸の少年を眺めおろした。 「悪いけど、制服の上も脱いでくれない? 裾が邪魔になりそうだから」 則広はやむなく分身を腿のあいだに挟んだ。さらに前屈みになって上着を脱ぐ。 「じゃ、見せてね」
価格:630
◆通信販売で取り扱っているショップ◆
楽天ブックス保健教師
Amazon.co.jp保健教師 (二見文庫)
livedoor BOOKS保健教師
オンライン書店ビーケーワン保健教師

レビュー
名前: 評価:  
内容:

検索画面に戻る



Copyright © 2008-2010 官能小説データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.03秒)