◆官能小説のレビューや売上ランキングなど。
 官能小説:4,803点  著者:769人  レビュー:2,538
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


官能小説のタグ一覧(抜粋)

母と僕―紗奈33歳

[兵藤凛] 母と僕―紗奈33歳
著者:兵藤凛  発売日:2006年12月01日
タグ:
天然 筆下ろし ナース 童貞 高校生   
サンプル画像:
なし
内容紹介:
受験勉強のストレスから入院することになった一夫は、身の回りの世話をしてくれる母の優しさに初めて気づいた。柔らかな唇、ふくよかな胸、女として成熟した身体―。募る想いは童貞高校生の劣情を刺激してやまなかった。ついには下着姿の母を抱きしめてしまい…。
価格:570
◆通信販売で取り扱っているショップ◆
楽天ブックス母と僕
Amazon.co.jp母と僕―紗奈33歳 (マドンナメイト文庫)
livedoor BOOKS母と僕 紗奈33歳
オンライン書店ビーケーワン母と僕

レビュー
1 名前:DSK 投稿日:2009年02月08日
★★★★★

2人の心が深く深く交錯する愛情と官能の物語

高校生の息子と33歳の義母、2人が交わす愛情のこれほど深い物語も類を見ない。実のところセックスシーン自体は、入院先のナースと2回、クライマックスでの義母と1回の計3回しかない。しかし、筆おろしをしてもらったナースとの情交も含めてエッチな場面はふんだんに用意されており、全体の3/4くらいは艶めかしいシーンで占められている。しかも、やや奔放で乱れ気味のナースから愛情の無いセックスの虚しさをきっちり伝授されており、相手を思いやる主人公の、優しくも激しい情交描写がじっくりねっとり綴られているのである。そのため、淡泊な第一印象に反してなかなかに濃厚な作品と言える。しかし、それにも増して濃厚なのがお互いの心と心を通わす想いの深さである。家族のために献身的に振る舞ってきた義母の姿を今まで見過ごしてきたと悔やみ、少し天然気味の可愛らしさを見て愛情が芽生え、次第にかけがえのない女性として意識していく主人公の想いが丁寧に描かれ、義母もまた当初こそ犯すべからざる禁忌と拒むのだが、尊大な夫(父)の振る舞いを契機にタガを外していく。そして、ただ親密になって終わるのではなく、禁忌を犯した結果として決意する2人の明るい未来を示唆するエピローグにも好印象である。ちなみに主人公の実妹も出てくるが、この妹は2人を影で応援しているかのようなポジションにいて、これもまた本作の程良いスパイスになっている。

本作全体を冷静に判断すれば星4つというところなのだが、2人が交わした深い愛情、そしてこれからも育んでいくであろう明るい未来に敬意を表しての星5つである。

名前: 評価:  
内容:

検索画面に戻る



Copyright © 2008-2010 官能小説データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.04秒)