◆官能小説のレビューや売上ランキングなど。
 官能小説:4,803点  著者:769人  レビュー:2,538
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


官能小説のタグ一覧(抜粋)

NO IMAGE
著者:  発売日:
タグ:
サンプル画像:
なし
内容紹介:
価格:0
◆通信販売で取り扱っているショップ◆

レビュー
1 名前:コゲコゲコゲコゲ 投稿日:2006年06月23日
★★★★★

これはおもしろかったです。

主人公の貴志は14歳の男子中学生です。父は仕事で忙しくインポ気味で、妻の沙織は性的な満足を得られずに過ごしています。ある日、沙織は貴志のオナニーを目撃し、そのまま射精の手伝いをしました。それをきっかけに二人は体を求めあう様になるという話です。沙織は母親という自覚から、最後の一線だけは越えないように貴志を制しますが、貴志の要求は徐々にエスカレートしていきます。チンポの挿入を覚悟するまでの沙織の変化がおもしろかったです。タイトルにある痴漢プレイはわずかで、ほとんどは自宅での行為です。痴漢モノに期待している方はその点に注意して購入してください。

2 名前:DSK 投稿日:2008年11月11日
★★★★

焦らしの極致

読みながら途中で何度かダメかもと思った。エッチなシーンは幾度も出てくる。いやらしい描写もなかなか秀逸。ただ、ちっとも合体しないのである。ようやく結ばれたのは全260頁の244頁目。しかも、そこからの約3頁と最後の約6頁、中学生の息子とその義母、2人の情交描写はこの2箇所しかないのである。では、それまで何をしていたか。漲りまくり、次第にエスカレートしていく息子の要求を必死に抑えつけ、手や口での奉仕で何とか逃れていたのである。最初は母として抵抗する理性が勝るのだが、不能な夫に欲求不満を抱いていたこと、目にした息子のムスコが殊の外立派だったことから気持ちが揺らぐ、牝の本性が目覚め、傾いていく。その過程が義母の視点でじっくり描かれているのである。それでも最後の一線だけは越えないために、それ以外の行為ならいつでもどこでも許すと約束してから俄然面白くなった。朝から晩まで所構わず奉仕を求めてくる息子の貪欲さと衰えを知らないムスコに困惑し怯える義母。とうとう電車内でのお触りまで始める始末。2度目の電車痴漢ではさすがにやり過ぎと共感できなかったが、それくらい魔少年化していく息子に対し義母の心は揺れる。漫画によく出てくるような天使と悪魔が交互に囁き合う手法で、抗おうとする理性と受け入れようとする本性が交錯する描写が上手。そんな形で最後まで抵抗する義母は、同時に焦らされてもいるのだが、実は読み手も焦らされていることに気付く。それだけに最後の一線を越えた瞬間の高揚感はかなりのものである。そして、一線を越えてしまえば、それまで我慢を続けた地獄がウソみたいな天国だったと気付いた義母の、主従逆転したかのように息子に対し気分良く居丈高に振る舞う姿は痛快である。やきもきした前半に比べ、結ばれる直前の最後の抵抗を諦めたところから結末に至るまでの急激な心地よさが魅力の作品である。

3 名前:Mahalia 投稿日:2013年04月03日
★★★★

Whoeevr edits and publishes these articles really knows what theyre doing.

4 名前:Nur 投稿日:2013年04月05日


Your post has lifted the level of daebte

名前: 評価:  
内容:

戻る
コスプレっ娘通信



Copyright © 2008-2010 官能小説データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.02秒)