◆官能小説のレビューや売上ランキングなど。
 官能小説:4,803点  著者:769人  レビュー:2,538
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


官能小説のタグ一覧(抜粋)

人妻乃梨子・三つの大罪

[夏島彩] 人妻乃梨子・三つの大罪
著者:夏島彩  発売日:2003年09月25日
タグ:
家庭教師 不倫 凌辱 人妻 教師 
サンプル画像:
なし
内容紹介:
「駄目、気持ちよくなんか、ありません…でも」成熟した人妻は、抗いの言葉さえ牡の本能を刺激する!裸身を反らせ、乳房を震わせ、熟肉が男を締めつけてくる!欲情に潤んだ瞳が、35歳の美薫が、男たちを呼び寄せ、息子の家庭教師と、夫の同僚と、ついには愛息とまで…。重ねてしまう新たな罪は、乃梨子を妖しく美しく変えていく。
価格:600
◆通信販売で取り扱っているショップ◆
Amazon.co.jp人妻乃梨子・三つの大罪 (フランス書院文庫)
livedoor BOOKS人妻乃梨子・三つの大罪

レビュー
1 名前:なし 投稿日:2005年11月09日
★★

乃梨子

書院のプレビューに興奮してアマゾンで購入 あたりはずれが大きいこの分野で悪くない作品

2 名前:DSK 投稿日:2008年09月17日
★★★

なんともいえない作品

息子の家庭教師からは無理矢理の凌辱、夫のかつての部下とは不倫、そして最後は……という3つの罪を背負う話。最初の家庭教師からは無理矢理でヒロインに罪は無いはずなのになぜ「大罪」と思うかもしれないが、これはその後にヒロインの方が入れ込んでしまうから。つまり、無理矢理から女の悦びに目覚め、その後好意を寄せられていた昔の仕事仲間が登場、イヤよイヤよという態度を取りながら、その実自分からすり寄っていき、最後はそれら全てを知られてしまったある人物に迫られる展開となるのである。冒頭の無理矢理シーンがなかなか良くて期待したのだが、その後は自分の矜持と欲望に悩みながらも止められない、という形で進んでいき、最後の人物が登場した時には「お前だったか」という驚きはあったものの、全体としては少々起伏に欠けるように思った。ストーリーよりもエッチシーンの方で。

3 名前:Milena 投稿日:2014年12月16日


Thats what weve all been waiting for! Great poignst!

名前: 評価:  
内容:

検索画面に戻る
アニマック(ソフ倫)



Copyright © 2008-2010 官能小説データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.04秒)