◆官能小説のレビューや売上ランキングなど。
 官能小説:4,803点  著者:769人  レビュー:2,538
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


官能小説のタグ一覧(抜粋)

残念お嬢様には俺しかいない

[遠野渚] 残念お嬢様には俺しかいない
著者:遠野渚  発売日:2010年12月18日
サンプル画像:
なし
内容紹介:
「アナタしか友達がいないの!」幼な じみの有栖は、Fカップの銀髪お嬢様。 だけど、エロゲマニアな残念美少女! 外出したら、たちまち失禁!! そんな 彼女を更生させるため、オムツデート でラブラブ調教 初体験からアナル へGO 赤ちゃんプレイでバ~ブバ ブ 非リア充ラブコメ、謎の感動!
価格:720
◆通信販売で取り扱っているショップ◆
楽天ブックス残念お嬢様には俺しかいない
Amazon.co.jp残念お嬢様には俺しかいない (美少女文庫えすかれ)
livedoor BOOKS残念お嬢様には俺しかいない
オンライン書店ビーケーワン残念お嬢様には俺しかいない
Dmmアダルト 通販残念お嬢様には俺しかいない (小説)

レビュー
1 名前:バルテズ 投稿日:2010年12月21日
★★★★★

今回のヒロインは引きこもりなお嬢様

高校二年生となった主人公には気になることがあった。それはお隣に住む幼馴染
にして資産家のご令嬢(ヒロイン)のことで、彼女はとあることから引きこもりと
なってしまい、
同じ高校に進学したのに彼女が学校に来ているのを見たのはほんの数えるばかりと
いう惨憺たる状況だった。
成績優秀ならば出席日数に関しては大目に見てもらえるというのが学校の方針では
あるけど、このままでは彼女がダメ人間になってしまうと危惧した主人公は、ヒロイン
をまずは屋敷の外へと出すことを決意して彼女の邸宅へと乗り込んでいったのだが。
そこで目にしたのはエロゲーに精を出す見事なダメ人間っぷりのヒロインだった。

というところから話は始まっていきます。

作者の遠野氏にとってはこれが四作目ということですが、今回も今までのような
作風となっていますので、合う・合わないがはっきりと分かれそうです。

おむつ好きな作者氏(推定ですが)が今回出してきた小道具は、おむつはおむつなの
ですが、今では主流となっている紙おむつではなくて布おむつでした。
自分の子供のためならばともかく、幼馴染といえ結局は他人であるヒロインに布おむつ
を充てる主人公。
つまり、紙タイプとは違って使い捨てではなく汚れたものを洗っていかなければならない
わけで。
嫌がることもなくヒロインも何度も聞いてくるけど、そんなことはないよと言う主人公。

「今のきみの状況をそれだけ心配しているんだよ。一緒に外に出ようよ」

ということを言外に言っているわけで、辛抱強く付き合ってあげる主人公はなんというか
いいやつだなと、素直に感じさせられました。
引きこもりというのが今回のテーマだったと解釈しているのですけど、それをぞんざいに扱う
――適当に解決させるということはなくて、良い印象を受けました。

ひとつだけ気になったことを挙げるとすれば、本文イラストの最後。
絵師さん、冬服ではなくて物語上では夏服です……。


最後に属性紹介

・単独ヒロイン ・お嬢様(容姿は抜群だけど、残念なタイプ) ・幼馴染
・ネタ表現含む(ギャルゲー、エロゲーなど)

2 名前:ましかく "Fortuner" 投稿日:2011年01月08日
★★★★★

ヒキコモリ残念お嬢様をリア充にプロデュース

有栖=ノーレッジは中2から現在高2までの3年間をほとんど学校に行かずにエロゲー三昧で暮らしてきた文字通りの「ヒキコモリお嬢様」 自らその原因を作ったと責任を感じている平井啓太は彼女の社会復帰のためにいろいろ試みようとするが、その前に彼女の立派に育った身体としみついてしまったヒキコモリ体質に立ち向かうことに……

飲尿→自慰→家から一歩出たら(手&F&69)→オムツでデート(散歩【Aローター】~デート~公園で交換~初A)→(朝放尿~ベビーベッド拘束放置プレイ~A~浣腸)→庭の噴水(π~初V)→眠っている啓太に(A~F)→夜のプールでV

例によって、放尿・脱●・オムツとその方面に抜かりのない中身でお送りするシリーズ第4弾。この時点で苦手な人は読まないほうがいい。
有栖のヒキコモリ体質は想像以上に重症で無理やり外出して日の光を浴びると失禁するという有様。構成への道はなかなかハードなものに。
それでもそのすべてと向かい合い対処を講じながらも有栖を案じてやまない主人公、啓太の努力と思いやり(?)が実を結んだ先にあるラストには確かに読んだものにしかわからない「謎の感動」があった。

3 名前:Jailene 投稿日:2012年12月25日
★★★

This is a neat summary. Thanks for shriang!

4 名前:Sona 投稿日:2012年12月25日
★★★

Thanks for helping me to see thnigs in a different light.

5 名前:Isabella 投稿日:2013年04月03日
★★★

Normally Im against killnig but this article slaughtered my ignorance.

6 名前:Flip 投稿日:2014年01月21日


I really wish there were more areclits like this on the web.

7 名前:Manabu 投稿日:2014年01月22日


What an awesome way to explain this-now I know evhtyreing!

8 名前:Anggi 投稿日:2014年12月15日
★★★★★

Im not easily imepsserd but youve done it with that posting.

名前: 評価:  
内容:

検索画面に戻る



Copyright © 2008-2010 官能小説データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.04秒)