◆官能小説のレビューや売上ランキングなど。
 官能小説:4,803点  著者:769人  レビュー:2,538
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


官能小説のタグ一覧(抜粋)

美獣四姉妹―邪淫の血族

[月里友洋] 美獣四姉妹―邪淫の血族
著者:月里友洋  発売日:2007年01月01日
タグ:
ドラマ お風呂 幼馴染 レズ 
サンプル画像:
なし
内容紹介:
「今夜は私の身体でたっぷり酔わせてあげる」四姉妹の家に足を踏み入れた瞬間、危険な誘惑が待っていた。甘美なフェロモンに満ちあふれた、四つの禁断寝室----。午前0時、青年の股間に朱唇を這わせる26歳と19歳。昨夜は長女と......今夜は三女の寝室へ忍ぶ約束なのに。愛しすぎる、淫らすぎる、美姉妹との誘惑パラダイス!
価格:630
◆通信販売で取り扱っているショップ◆
楽天ブックス美獣四姉妹
Amazon.co.jp美獣四姉妹―邪淫の血族 (フランス書院文庫)
livedoor BOOKS美獣四姉妹 邪淫の血族

レビュー
1 名前:MIDNIGHT 投稿日:2007年05月20日
★★★

羨ましいシチュエーションですが・・・

造り酒屋の4姉妹のうちの一人に憧れる青年が、酒造りを極めていく過程で4姉妹それぞれと目眩く官能の体験をする、というストーリーです。
こういう主人公の境遇にとても羨ましいものを感じますし、主人公にとても共感できるのですが、個人的な感想を言えば、もう少し背徳的な要素を盛り込めなかったのかな、と思います。
登場人物一人一人のキャラクターが各各とても際だっていて、話としてはいいのですが、背徳であるとか被虐的であるとかの要素を盛り込めれば、もっと盛り上がったと思うし、もっと興奮したと思います。
こういう小説で、何も全員がハッピーにならなくても・・・と思うのは、私だけ?

2 名前:DSK 投稿日:2008年12月08日
★★★★

酒造りに打ち込む若者の青春物語

タイトルもサブタイトルも大いに間違っている。邪淫とあるが、決して邪ではない(ちょっと淫らかもしれないが)。そして美しくはあるが全くもって獣などではない。幼馴染み同様に過ごしてきた主人公と酒蔵の四姉妹、特に三女と交わした幼い頃の約束を10年越しに果たす甘酸っぱい青春物語である。まず驚くのは日本酒の製法に関する、あまりにも詳細な記述。いつの間に日本酒の造り方ガイドを読み始めたのだろう、と勘違いするくらい事細かな記述と専門用語の氾濫。作者がよほどのマニアか清酒業界関係者で無ければ書けないレベルの内容である。このテに関心がある諸兄には、これはこれでおすすめできる。この酒造りの工程に沿った形で物語が進行する。四姉妹はそれぞれ33歳、26歳、24歳、19歳で青い果実から熟れ頃まで幅広い(主人公は23歳)。ただ、四女はなかなかのオマセさんなので早熟と言った方が良いかも。冒頭より主人公が次女の風呂の世話(いわゆる三助)をしているところから始まる。この四姉妹は奔放で開放的な次女と四女、お淑やかで奥ゆかしい長女と三女に別れるが、前半は次女や四女との交わりがメイン。幼馴染みの気安さからか主人公の前でも素っ裸で全然平気というあっけらかんとしたシーンが多い。後半に長女とのしっとりとした情交を挟んで、ようやく三女との愛を育む展開へと繋がる。これまでにいろいろと小さな伏線が張られ、主人公と三女の気持ちのすれ違いなどもあり、それらが気になってどんどん読み進めてしまうのだが、ここへきてきっちり回収され、大団円的な5P(実際は主人公&三女と残り三姉妹の百合っぽい絡み)で幕を閉じる。その間にも酒造りでトラブルがあったり主人公に大役が巡ってきたりとドラマは多い。組織のリーダー論のような記述もある。まさに2時間ドラマのような展開で、明るい未来への希望をもって終わる心地よい話である。

名前: 評価:  
内容:

検索画面に戻る



Copyright © 2008-2010 官能小説データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.03秒)