◆官能小説のレビューや売上ランキングなど。
 官能小説:4,803点  著者:769人  レビュー:2,538
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


官能小説のタグ一覧(抜粋)

NO IMAGE
著者:  発売日:
タグ:
サンプル画像:
なし
内容紹介:
価格:0
◆通信販売で取り扱っているショップ◆

レビュー
1 名前:tako77 投稿日:2006年02月20日
★★★★

ある意味新鮮

今までにない新感覚の誘拐監禁物だと思います。
話の内容には真実味の欠けらもありませんが
優しい誘拐犯という設定は、とても斬新だと思いました。
まあ、それ以外の文章や内容は普通ですけど・・・

2 名前:DSK 投稿日:2008年09月24日
★★★★

後半は別の物語のよう

登場人物がほぼ主人公とヒロインのみという密室の誘拐・監禁物は幾つかあるが、本作は少々変わっている。監禁されてしばらくは予想通りの展開。ただ、主人公が大変優しいので無理強いは無いに等しい。やりとりの中で逃げ道が塞がれるように追い詰められていく。そして、ヒロイン(というか女性)に関わる、あることで寝込んでしまい、その看病や入浴などの優しさを受けて実質的に堕ちてしまう。ページのほぼ真ん中である。後半の2人のやりとりはまるで新婚さんのよう。途中で「へぇー」という展開がありヒロインの戻るべき場所が無くなってしまう。傷心極まり自分の殻に閉じこもってしまうヒロインだが、ここで主人公も寝込んでしまう。その際、ヒロインが伏せっている主人公を跨いでキッチンへ向かう描写があり、この時点でここまで気を許していることが伺える。そして、これはこれでハッピーエンドと言えるのでは、という結末を迎えるのだが、この辺りの流れは他の選択肢もあったのでは、とも思う。ヒロインの心情が主人公へ向かう理由というか起点が軽かったので、傷心する出来事が先にあり、戻る場所を失ってから主人公の優しさに気づき、主人公が寝込んだ時に、その愛に目覚めた方が、よりドラマティックだったかなと(このテの作品にどこまでドラマ要素が必要か、という問題はさておき)。

3 名前:Fabio 投稿日:2013年08月07日


Thats a subtle way of thnkinig about it.

名前: 評価:  
内容:

戻る
DODER



Copyright © 2008-2010 官能小説データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.02秒)