◆官能小説のレビューや売上ランキングなど。
 官能小説:4,803点  著者:769人  レビュー:2,538
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


官能小説のタグ一覧(抜粋)

妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた

[遠野渚] 妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
著者:遠野渚  発売日:2010年06月20日
サンプル画像:
なし
内容紹介:
「催眠なんか信じないんだからね!」
そんな強気な妹サマ・瑞希に催眠術を
かけてみたら……パイパンの股間から
失禁絶頂 素直にさせたら初体験
ネコネコな妹を思いっきりバックから
貫いて──ついには孕ませボテ腹へ!
どんな願いも叶えてくれるツンな恋妹。
「お兄ちゃんのことが大好きにゃ~」
価格:700

レビュー
1 名前:お茶缶 投稿日:2010年06月21日
★★★★★

非常に良い

遠野渚さんの3作目であるこの作品は僕の中で殿堂入りしました。絵師の安藤さんの絵もとてもかわいいです。 是非読んでくださいな。

2 名前:バルテズ 投稿日:2010年06月30日
★★★★

妹に催眠術をかけていろいろしちゃう話

主人公とヒロインは住んでいる家が隣同士であり、小さいころから仲よくしてきて
いた幼なじみの関係だった。妻を亡くして独り身であった主人公の父親、同じく夫
を亡くしていたヒロインの母親は、互いの身の上に共感するところがあったようで
家族ぐるみで付き合っているうちに再婚となった。
そして、義兄妹となった主人公とヒロインを残してふたりは海外赴任へと旅立ってし
まった。
昔から仲がよかったとはいえ、難しいお年頃といえる高校生と中学生のふたりは微妙な
距離となってきてもいて……。
ある日の団欒中にテレビ番組でやっていた催眠術をヒロインへとかけてみた主人公。
うさんくささ爆発などと思っていたのだけれど、それに妹はばっちりかかってしまって。

というところが話のあらすじとなっています。
催眠術というと陵辱ものでも取り上げられる題材だったりしますが、本作は互いに互いを
もとから憎からず想い合っている関係ですので、和姦オンリーとなっています。
作者の遠野氏の過去二作の作風がお好きであれば、買われて問題ないと思われます。

終盤では同じ美少女文庫で活躍されている鷹羽シン氏の作品で登場した企業名が出てきて、
おふたりは仲のよい友人同士なのかなーと、少し気になったりしています。

遠野氏にとってはこれが三作目ということなのですけれど、過去二作と作品の流れはほとん
ど変わっていないので、そろそろなにか変化がほしいですね。
作品に安定感があるといえなくもないのですが。
(今回もおむつ&排泄表現あり。作者氏、どれだけこのシチュエーションが好きなんだろう(笑))


最後に属性紹介

・催眠術(ネコ化・幼児化・擬似妊婦化) ・ツンデレ ・おむつ(排泄シーンあり)
・ネタ表現あり(某巨大掲示板・ライトノベルからなど)

3 名前:ましかく 投稿日:2010年07月08日
★★★★★

相変わらず読む人を選ぶ汚濁系第3弾

お隣にして幼馴染、そして去年からは兄妹になった小日向裕太(高2)と瑞希(中2)
なかなか素直になれないまま兄妹の関係になってしまった2人の関係はテレビの催眠術番組をきっかけに変わっていく

催眠術で自慰→失禁&素股→学校のトイレで自慰→保健室F→夕食後自室で初V
→首輪でネコ化催眠(全裸公園~屋根の上でV)
→幼児化催眠(おむつ開始~朝F~授業中○○~保健室●●&初A~お風呂V)
→○○○催眠(A&V→○○○化→V)

催眠術から入るものの、やることは前作からまったく変わらない遠野渚の世界が繰り広げられるので、ついていける人にしかオススメできない内容。
前半の彼女のトレードマークでもある縞パンの汚れっぷりや、後半のオムツ描写などその手の表現は相変わらず上手いと思う。
最後の○○○についてはやや薬の力も借りてちょっと無理な面があったのと、そのまま終了してしまうのがやや不足気味に思えたのが残念。
挿絵やイラストも瑞希の肉っぽさが上手く描けていて、行為中のいい場面で挿入できているのでとても効果的だと思う。

4 名前:Noel 投稿日:2013年04月03日


Thats relaly thinking at an impressive level

5 名前:Colby 投稿日:2014年01月23日
★★★★★

Please teach the rest of these internet hoaogilns how to write and research!

名前: 評価:  
内容:

戻る
アニマック



Copyright © 2008-2010 官能小説データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.02秒)