◆官能小説のレビューや売上ランキングなど。
 官能小説:4,803点  著者:769人  レビュー:2,538
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


官能小説のタグ一覧(抜粋)

熟妻と熟女 ぼくが溺れたカラダ

[柏木春人] 熟妻と熟女 ぼくが溺れたカラダ
著者:柏木春人  発売日:2009年10月09日
タグ:
豊乳 不倫 年上 熟女 人妻 
サンプル画像:
なし
内容紹介:
ぽってりとした唇、くびれた腰、
たわわに実った豊乳……
エロすぎる隣家の人妻、
そして同居する年上の美熟女。
陽介は二人との妖しい関係にドキドキして……

大学進学を機に上京した陽介はひょんなことから年上の美女・真琴と刺激的な共同生活を送ることになった。
そんなある日、隣家の人妻・久美子の全裸姿を目撃し、熟女ならではのエロい肉体に一瞬で心を奪われてしまう。
陽介は吸い寄せられるように久美子の自宅を訪れ……。
価格:648
◆通信販売で取り扱っているショップ◆
Amazon.co.jp熟妻と熟女 ぼくが溺れたカラダ (マドンナメイト文庫)
livedoor BOOKS熟妻と熟女 ぼくが溺れたカラダ
オンライン書店ビーケーワン熟妻と熟女

レビュー
1 名前:DSK 投稿日:2009年11月25日
★★

やってはいけない「禁じ手」を犯していないか?

…………………………やりやがったな、作者もしくは担当編集、という感想を抱かざるを得ない。なかなか面白い経緯で同居することになった勝気な熟女(といっても29歳だが)の設定や隣の熟妻が不倫を顧みず若い主人公にイレ込む理由、やや優柔不断ながら相手を喜ばせようと頑張る主人公など、個々の人物設定は良かった。だがしかし、嫉妬の応酬で誘惑を競い合う展開、どっちつかずで悶々としているくせに誘いに乗って昂ると我を忘れて挑んでしまう主人公……途中から「なんか似てるな」とは思いながらも読み進めた。それでも良い内容だと思った……195頁までは。この後の展開にやられた。よろしくない意味でやられた。「え?」と思いながら数頁読み進め、「まさか?」と思いながら読み進め、そして確信して萎えた。思いっ切り萎えた。

新堂麗太(フランス書院文庫)作品が得意とする構成をあからさまに借用していると思えてならない。

とりわけクライマックスから結末にかけての展開はほぼ同じである。主人公やヒロイン達の次の言動が予想できてしまう。ラストまで読まなくても分かってしまう。ここに少しでも作者のカラーがあれば(ここ重要)また別だが、それも皆無なので音楽で言う『カヴァー』の域にも達していない。新堂作品を未読の諸兄には通じる展開かもしれないが、2008年のフランス書院文庫誘惑系ベストセラー作家を侮ってはいけない。誘惑系愛読者の多くは新堂作品を知っているだろうし、この“お約束”展開も知っているハズである。最後の展開を変えるか一工夫すればいいのに何をやっているんだと思ってしまった。

2 名前:Rustam 投稿日:2013年08月09日


Ho ho, who woudla thunk it, right?

3 名前:Yuji 投稿日:2014年01月23日
★★★★

Im imespsred you should think of something like that

名前: 評価:  
内容:

戻る



Copyright © 2008-2010 官能小説データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.05秒)