◆官能小説のレビューや売上ランキングなど。
 官能小説:4,803点  著者:769人  レビュー:2,538
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


官能小説のタグ一覧(抜粋)

最高の相姦地獄 溺れ母と溺れ叔母

[村崎忍] 最高の相姦地獄 溺れ母と溺れ叔母
著者:村崎忍  発売日:2010年07月23日
サンプル画像:
なし
内容紹介:
こんなに妖艶な微笑で少年を誘う叔母がいただろうか?
これほど悩ましく色香を振りまく美母がいただろうか?
ボディラインも、舌づかいも、肉層の締めつけも違う二人。
亮が大人になる瞬間を、誰にも渡したくはなかった。
今夜から私があなたの恋人よ。すべてを受けとめてね……。
36歳と27歳、秘めた欲望に溺れる危険すぎる誘惑生活!
(カバーイラスト 新井田孝)
価格:751
◆通信販売で取り扱っているショップ◆
楽天ブックス最高の相姦地獄
Amazon.co.jp最高の相姦地獄 溺れ母と溺れ叔母 (フランス書院文庫)
livedoor BOOKS最高の相姦地獄 溺れ母と溺れ叔母
オンライン書店ビーケーワン最高の相姦地獄

レビュー
1 名前:DJ.STICK 投稿日:2010年07月25日
★★★★★

良質の誘惑系にして本物の近親相姦

まず、叔母との話は甘く切ない誘惑系。
キレイなお姉さん系の人妻なんですが、魅力的で愛しくなるキャラです。
誘惑系マニアなら、こっちがメインでしょうか。
小さい頃から知っている主人公に抱かれるので、ここでも近親相姦のテイストが楽しめます。

続いて、母性の化身のような母親ですが、こちらは直球の相姦。
自分が産んだ息子と結ばれるので、義理では味わえない迫力です。
かつてのフランスの相姦時代を知る人たちにも満足できるのでは。
絶滅危惧種である実母子相姦に限定していえば、殿堂入りでしょう。

そして最後の3Pの話になると、また異なる雰囲気。
ハーレム奉仕や、母親のソフト調教、そして最後は究極合体(笑)

文体が軽薄でないため、甘々が苦手な人でも読めます。
展開の流れがデザインされ、完成度が高い。
文句なしに★五つでしょう

2 名前:DSK 投稿日:2010年08月01日
★★★★★

なかなかの骨太さで描くイマドキな母子相姦

いわゆる「黒本」でタイトルに『地獄』とあると、大体においてダークだったりアンハッピーだったりするものだが、本作は『最高の』の方に重きを置いたイマドキテイストな実母相姦と言えそうである。少しばかりの背徳と遠慮を背景にしつつも、溢れる愛情と思いやりが全てを包み込む甘い作品である。

女手ひとつで主人公を育てた気概と包容力を持ち、息子に男らしさも感じている36歳の未亡人実母。クールに装いながら時折可愛らしくもある27歳で既婚の叔母。多少の憂いを湛えながらも常に実母や叔母に気を配る心優しい16歳の主人公。これらの人物設定や全体の構成には神瀬知巳作品からの影響を強く感じる。ちょっとしたことでも愛情と感じて想いがどんどん高まっていく心境をカッコ書きで記していく手法もよく似ている。ドラマ性を極力抑えたシンプルなストーリーにすることで心情と情交の描写に多くを費やし、登場人物それぞれの心に見え隠れしていた念願成就を柱に据えた作風である。

血縁同士の交わりに若干気後れしながらも、「甥っ子」から「男」へ、「息子」から「男」へと意識が変わり、その思いが禁忌の背徳を超えて膨らんでいくのだが、実母と叔母が共に気遣い、時に深読みしながらも、これらを前半までに描くことで、想いが交錯して露呈する後半から新たな局面に入る面白さを出すことに成功している。修羅場展開ではないので、人によっては物足りないかもしれないが、むしろ血縁者同士仲良くという結末に向かって旺盛な愛欲を曝け出していく展開である。当初は実母の方が(血縁率100%だけに)少々奥手でもどかしくもあったが、終盤で諭されるように自我を解放して溜飲を下げ、興奮度がさらに上がる。叔母の真正面からの愛情と、実母の「母」と「女」の愛情が収束する展開が心地良くもある作品である。

3 名前:Sumit 投稿日:2012年05月10日
★★

I raelly wish there were more articles like this on the web.

名前: 評価:  
内容:

検索画面に戻る



Copyright © 2008-2010 官能小説データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.02秒)