◆官能小説のレビューや売上ランキングなど。
 官能小説:4,803点  著者:769人  レビュー:2,538
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


官能小説のタグ一覧(抜粋)

三人の押しかけ妻 借家のハーレム

[巽飛呂彦] 三人の押しかけ妻 借家のハーレム
著者:巽飛呂彦  発売日:2010年09月22日
サンプル画像:
なし
内容紹介:
紗子の小さな口は喉奧まで咥えて離さない……里緒奈はいったん騎乗(の)ったら寝かせてくれない……いりすの裏穴は前よりもずっと締めつけてくる……勘違い&行き違いで、僕の家は突然ハーレムに! 借家にひしめく、押しかけ妻たちの淫らな思惑。彼女たちは神様からの贈りもの? それとも……
価格:730
◆通信販売で取り扱っているショップ◆
楽天ブックス三人の押しかけ妻
Amazon.co.jp三人の押しかけ妻 借家のハーレム (フランス書院文庫)
livedoor BOOKS三人の押しかけ妻 借家のハーレム
オンライン書店ビーケーワン三人の押しかけ妻

レビュー
1 名前:助六座 投稿日:2010年10月05日
★★★★

中身はジュブナイルポルノ

中身は完璧に美少女文庫、えすかれ寄りです。資産家の後継ぎの少年が婚約者である遠縁の少女三人(うち幼馴染一名)と結婚する為同居してHをする鉄板展開。借家と言うタイトルは基本間違いです。別荘です。押しかけと言うのも半分間違いです。表紙イラストはあってるんだか間違ってるんだか微妙。ハードな内容は一切無くエンディングはお約束の全員纏めてお嫁入りイン産油国。最近の黒表紙はこう言うライト系が増えてきたなーとまだ若干ギャップあり。

2 名前:DSK 投稿日:2010年10月11日
★★★★★

作者ならではの2つの世界観を融合した作品

何とも実験的な作品と言わねばなるまい。ストーリーこそ「黒本」の定番的巽作品ながら、設定が思いっ切り美少女文庫である。主だった登場人物が全員高校生。高校2年生の主人公に対して、上級生と同級生、そして下級生のヒロインである。これを纏めるための、由緒ある旧家の跡継ぎとその許嫁という設定を設けた点に妙味があろう。「許嫁が3人もいるのはおかしい」との見方もあろうが、ここは官能小説として脇に置いておく。12年前に面会して事実上の婚約をしている背景があるため、全員が顔見知り。多少の思惑や気後れといった立ち位置の違いを、ヒロイン達それぞれに活かしたところは見事である。これを踏まえて、主人公の呼び方が『バカテス』を彷彿とさせたり、朴訥とした語り口が『おまもりひまり』の静水久のようなキャラ設定と相まって、実に面白可笑しくも魅力あるヒロイン達が誕生している。ちなみに、もう1人は強烈なお嬢様言葉である。

こうした驚きの設定に反して「いつもの巽ワールド」と言える構成であり、それぞれが内心に想いやコンプレックスを抱えながらも、主人公との心と体の交流を通じて氷解し、強く強く結ばれていく甘い展開である。また、何とも一途な想いをずっと持ち続けながら、理解のある優しい人柄故に後れを取る娘が1人いて、これが最後に結ばれる件ではちょっぴりホロリとさせられる。もちろん、自由で奔放な言動で笑わせてくれる場面も随所にあり、官能ラヴコメたる作風の真骨頂は本作でも健在である。

サブタイトルにもあるように、ある場所での同棲生活が本作のベースであり、結末もある程度分かってしまうのだが、1日目と2日目で似通った行動を取るので、一見「またかよ」みたいな気分にもなりかけるが、“一線を越えた”ことで、その後を異なる展開に発展してく巧さがあった。また、結末についても、許嫁という要素によって割とスムーズに移行していたと思う。最後の最後だけはさすがに少々飛躍し過ぎの感はあるが、全く以て不可能でもないギリギリのオチかと。ただ、3人それぞれが「初めて」を捧げるところから、後半の連続3P、4Pに至る情交場面のてんこ盛り具合に比して、その描写自体が少し淡泊なのが(物語が良いだけに)残念。「実用性」としては「もう少し粘ってくれればなぁ」と、少々行き場を失うこともある。

3 名前:細巻き 投稿日:2010年10月20日
★★★★★

黒表紙もここまでやりますか。

強気、幼馴染、ロリとあれ?これは美少女文庫かと見事に見紛う、Hゲームで良くある設定。
「ほぉあ!」等、初期陵辱作品での色気の無い喘ぎ声はどこえやら、そこは量産しても質は保証出来る作者。
お風呂プレイがやや冗長に思えるも、キャラ設定から、ハーレムを成立させるエンディングまで十分読み込ませる出来。
次作は何をテーマに持ってくるのか楽しみです。

4 名前:てるける 投稿日:2010年10月21日


手抜き作品です

まず題名に偽りありです。3人の妻候補は、おしかけではなくて、主人公の祖父の命令で既に妻となって同棲することが決まっています。主人公は据え膳を順番に頂くだけです。面白くもなんともありません。3人の妻候補は、ハーフ、同級生、ロリの3タイプが揃っていますが、ありきたりのキャラクターである上に、腹黒なハーフがいつの間にか改心してしまうという、なんとも不可解な展開です。肝心のエロ場面も、せっかく3人同時なのに、順番にやるだけです。この作者は、乱交場面の描写が下手ですねえ。3人のレズ場面が申し訳程度にあるのが救いです。安くはない値段なので、もう少しマジメに書いて欲しいものです。

5 名前:Intan 投稿日:2014年12月15日
★★

Inlgitleence and simplicity - easy to understand how you think.

名前: 評価:  
内容:

検索画面に戻る
バニラ



Copyright © 2008-2010 官能小説データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.03秒)