◆官能小説のレビューや売上ランキングなど。
 官能小説:4,803点  著者:769人  レビュー:2,538
 はてな  Yahoo!  Google  livedoor  @niftyクリップ  ドリコム  Choix  Buzzurl  Delicious  Digg  Technorati  Bloglines  twitter


官能小説のタグ一覧(抜粋)

お柳情炎

NO IMAGE
著者:団鬼六  発売日:1986年09月01日
タグ:
拘束 妄想 SM 浣腸 縛り 凌辱 
サンプル画像:
なし
内容紹介:
ぞっとするほど美しい女賭博師・つばめ返しのお柳は、一宿一飯の義理のため、敵の陣営、上州のひなびた温泉街に乗り込んだ。想像を絶する屈辱の中で、いつしか咲き誇る快楽の華!
価格:571
◆通信販売で取り扱っているショップ◆
Amazon.co.jpお柳情炎 (富士見文庫―団鬼六全集)
livedoor BOOKSお柳情炎

レビュー
1 名前:江口哲学 投稿日:2003年02月09日
★★★★★

女侠客ものの傑作

胴師としても一流、喧嘩も強く、女っぷりも絶品のお柳が卑劣な罠にかかり、親分の仇たちから逆に辱めを受けます。勝ち気で男勝りの女を陵辱するのは、SMに於けるひとつの醍醐味でしょう。また、浣腸のシーンを例に挙げると、浣腸の準備が整ってから終わるまで50ページ近く費やされています。浣腸をされると知った時のお柳の狼狽ぶり、排泄をこらえ悶える様を酒を酌み交わしがら楽しむ男たち、と言った具合に排泄そのものではなく、そこに至るまでの過程の描写が丁寧なのも好感が持てます。

2 名前:御徒町愛好会 投稿日:2009年01月26日
★★★★★

なぜ、お柳は生き地獄を耐えられるのか?

私は、本書を既に10回以上、読んでいる。
そんな私の読書時の方法は、女優をイメージするのである。

お柳のイメージは、女優に例えると、米倉涼子がいい。
米倉さんを捕縛し、後ろ手に縛りあげ、
戸板に開股で拘束してみたい。

気の強い米倉さんが、人質を取られたがゆえに、屈服し、
その口唇を開き、汚辱にまみれたものを咥えこんでしまうのである。
なんとすばらしいではないか。

彼女を凌辱する敵役は、玉袋筋太郎と水道橋博士あたりが
妥当ではないか。



※これは、あくまでもイメージを増幅するものであって、
私の勝手な妄想である。

3 名前:Char 投稿日:2012年01月10日
★★

Most help atrilces on the web are inaccurate or incoherent. Not this!

4 名前:Lexie 投稿日:2012年12月24日
★★★★

And I thought I was the senbsile one. Thanks for setting me straight.

名前: 評価:  
内容:

戻る
コスプレっ娘通信



Copyright © 2008-2010 官能小説データベース All Rights Reserved.  (処理時間:0.02秒)